俺のロシア体験記

ロシア愛する天パブロガー

ロシア語 直接話法の書き方について

スポンサー広告

はじめに

直接話法って?

ロシア語の書き方3種類

まとめ

 

今回はロシア語の直接話法の書き方について説明します。

直接話法ってなんぞや??って方も多いですよね。

例えば、

カレンはよしきに「その服クールですね!」と言った。

直接話法はこのときの「」の中の文のことです。要は誰誰が何と言ったかという話法ですね。これのロシア語バージョンです。

この直接話法のロシア語での書き方って意外に習ってない人多いのではないでしょうか??

でも、これを読めば理解しやすくなると思います。

それではさっそくいきましょう!

 

直接話法の書き方は大きく分けて3つあります。

1 筆者(主語+述語):"直接話法"

 

例文

けんじはたかしに、「この本面白そうだね。僕に貸してよ。」と言った。

Кендзи сказал Такаси :"Похоже, эта книга интересная. Дай мне ее."

 

誰が誰に言ったかと書いたあとにWコロンを書いてから直接話法に入るのがポイントですね。また、書き方は<< >>や - -などありますがロシア人曰くかぎかっこという意味は同じだよと言ってたので今回は" "で記述します。

 

 

2 "直接話法",-筆者(述語+主語)

例文

「もしよかったら、明日映画館に行こうよ。」とたかしはあやのにいった。

"Если ты не против, давай лучше пойдём в кино завтра",- сказал Такаси Аяно.

 

今度は直接話法が先に来てますね。そのあとは、カンマいれて、横棒を引きます。そして、誰が誰に言ったかを書くのですがこのとき動詞を先に書きます、そして主語という順番になります。1番とは順が変わるので注意しましょう。

 

3 "直接話法,-筆者(述語+主語),-直接話法"

 

例文
「君さ- けんじはたかしにたずねた- 明日君の元彼女が結婚するって知ってるか?」

"Ты знаешь,- спросил Кендзи Такаси,- завтра твоя бывшая выйдет замуж?"

 

今回は直接話法の途中に誰が誰に言ったかという文が入ってます。いわば、直接話法によるサンドイッチですね。

まず、直接話法を書くのですがこのときまだ閉じかっこはしません。その後カンマ、横棒、誰が誰に言ったかを書きます。このときの順番は二番と同じです。その後カンマ、横棒そして直接話法そしてこのあとやっと閉じかっこします。

 

まとめ

1 筆者(主語+述語):"直接話法"

2 "直接話法",-筆者(述語+主語)

3 "直接話法,-筆者(述語+主語),-直接話法"

 

この3つを守れば直接話法を文章として書けるようになると思います。

以上直接話法の書き方でした!