俺のロシア体験記

ロシア愛する天パブロガー

初めてカザンを観光する人にオススメの名所3選

スポンサー広告

 

 はじめてのカザン。さてどこに行こうかなと調べているところでしょう。名所としては主に3つあり、中でもこれから紹介するはじめの2つはカザンの観光の中でもメインの名所なのでぜひ訪れていただきたい。

では、さっそく紹介する。

 

 

 

カザンの観光名所

1 メチェチ・クル・シャリフ

1つ目はやはりこの場所だろう。これがカザンを代表する観光名所の1つである。


f:id:skaterussia:20180311201920j:image

 

カザンはイスラム系の人が多い。そのためこういったモスクがあるのである。モスクワとはまた違う建築様式なのでまた違ったロシアの一面を感じることができる。

綺麗なモスクでカザンに来た観光客はほぼ間違いなくここを訪れる。ぜひ足を運んでいただきたい。

 

2 シュビユンケ塔

二つ目はこのシュビユンケ塔である。これは斜塔なのだが塔にこの名前がつけられたのはある伝説があるという。それはこんな話だ。

 

かつてここにはタタールスタン共和国を統治するシュビユンケという美しい王女がいた。この地で国を護っていたのである。

だが、ある日モスクワ公国の王イワン雷帝が使いをよこした。ちなみにこのこの雷帝は恐ろしい暴君だった。そのつかい曰くそのシュビユンケの美しさを聞き付けた雷帝は彼女に求婚を申し込んだそうだ。だが、彼女は断った。するとまた来た使い曰く求婚を断るのならばこの国を滅ぼすとのこと。それは非常に困る。

 すると王女はこんな不思議なお願いをした。

『結婚する代わりに1週間で七階建ての塔をつくって欲しい。』

と。

そうしてできたのがこの斜塔である。


f:id:skaterussia:20180311201521j:image

 

1日一階ずつ建設され7日目に完成した。

 

さて、なぜ彼女はこんな不思議なお願いをしたのだろうか。それはその後の結婚式でわかることになる。

 

無事に斜塔も完成し、結婚式をあげることになった。準備も整い結婚式当日になった。しかし王女シュビユンケの姿がどこにも見当たらないのである。

ではどこにいたのか?

 

彼女は、塔の最上階に立っていた。

そのあとのことは想像できると思うのでこれ以上は書かないが悲しい話である。

 

3 エピファニー大聖堂の鐘楼

この聖堂はカザンのアルバートといわれるバウマン通りにある。ちなみに100ルーブルを払えば最上階まで上がることができる。ただ、階段や通路は狭く段数も多いので足腰に自信がある人にのみオススメする。
f:id:skaterussia:20180312024429j:image

 さて、その最上階から見える景色がこちらである。


f:id:skaterussia:20180312024706j:image

街を一望できる。

また、鐘をならすことができる。筆者も鐘を鳴らしてきた。

なかなか良い景色だった。

 

まとめ

さて、以上3つの名所を紹介した。特に1つ目に紹介したミチェチ・クル・シャリフは本当に綺麗だったのでオススメだ。また、夜ライトアップされた姿も美しい。ぜひ、足を運んでみてはいかがだろうか?