俺のロシア体験記

ロシア大好き天パブロガー

日本って同調圧力が無くなったら最高な国だと思う

スポンサー広告

日本って元々集団で行動するのが好きだ。好きだというよりは教育によってそういう風に育てられたような気もするけど。だから、何かを協力してやっていくという姿勢は素晴らしいと思う。

だけど、悪い面としては集団からはみ出るまたは、集団とは違うイデオロギーを持った人を徹底的に叩くところがある。

これは、なんなのだろうと思う。

 

そもそも同調圧力ってなんだ?

同調圧力って何か1つ集団があったら同じようにすることが正しいよねみたいな価値観だと思うのだけれど、これに息苦しさを感じている人が多いのではないだろうか。

 

そもそも人に対して同じ基準を求めるのって厳しくないか?

そもそも顔だって違うのに同じ考えを持つわけないでしょ。考えが違うなら行動も変わってくるわけで。

俺はそーゆーの嫌い

 

そういう強制された中での集団生活はきついと思う。学生が見ても思うもん。

 

でも1つ言えるのは、日本って最高にすみやすい国だと思う

理由は3つある

 

娯楽がたくさんある

海外生活してから気付いたけれど

日本ってたくさん娯楽がある。

盛り上がりたいなら、ゲームやバーやカラオケがあるし。リラックスしたいなら旅館とか温泉とか何でもある。さらに、インターネットを使ってできることもどんどん増えているし。

そう考えると日本にいると何でもできるんだなと思う。

 

気候

春夏秋冬揃ってくる国って世界にいくつあるのだろう。

とりあえずロシアは冬が半年近く続くらしい。太陽も、しばらく見てない。

でも、日本は四季折々の季節があり、魅力がある。その時期に合わせた楽しみ娯楽もあって本当素敵だよなと思う。

春よ早く来い。

 

美味しい食事

最後になんと言っても食事!

今はとにかく日本のものが食べたい。ラーメンや寿司なんて日本に行けばどこにでもある。お金が少ないときとかは牛丼屋という選択しもある。最悪、100円しかなかったらコンビニでおにぎりが買える。

こんな食のバリエーション豊かな国あるのかな。今、マジで日本食が恋しい。

 

 

結局僕は日本が好きなのかもしれない。

日本にずっーといたときはなんだかんだ不満を持ってたし、つまらなさや将来への不安とか持っていた。恐らく僕の世代の人は多くの人がそういった不安や不満を抱えながら生きてるように思う。

 

でも、それってもったいない。

 

だって大事なのって結局は今じゃん。

今自分が好きなことに、興味のあることに打ち込んで、お店で美味しいもの食べて、一緒にいて落ち着く友達と語りあう。そんな生活。

 

そんな日常が一番大事なんだよなと改めて思った。

 

だから、くだらないことで罵りあったり無駄なことに時間を使うのではなく

 

もっとお互いがそれぞれ好きなことをやる。

そういった住み分けが必要だと思う。

そんな空気を認める社会になることを願う。