俺のロシア体験記

ロシア大好き天パブロガー

ロシアで風邪をひいたときの薬の買い方

スポンサー広告

薬の買い方

風邪を引いた。


f:id:skaterussia:20171123002233j:image

昨日学校行ったときに咳をしている人がいたからだろう。日本にいたらイソジン買ってきてーと誰かに頼めば買ってきてかれるのだが、こっちでイソジンと言ったところで

??となるのがおちだ。

こっちで薬を買うのは初めてだったのだが無事に買えたのでその方法をシェアする。

 

友達に聞く

もしこっちに生活している人で知り合いがいたらオススメの薬を聞いてみると良いだろう。そして、メモに書くなりして記録しておくこと。

 

店を探す

ロシアの薬局の探し方は簡単だ

だって、аптека アプチェーカ (薬屋)って書いてあるのだから笑

日本だったらそれぞれの薬局に名前が書いてあるかもしれないがロシアだとシンプルに薬屋と書いてあるのでこういう時に助かる。

 

症状を言う

風邪にもいろんな種類があると思う。あなたの風邪はどこから?というCMもあるし。

今回は自分はのどが痛かったので

辞書で のどってことばを調べた

Горло ゴールラと言うらしい

で、痛みを伝えたいときの決まり文句が

У меня болит ...

(ウミニャー バリート、、、) 

というフレーズだ

あとはこの...の部分に痛い場所の名前を入れれば完成!

У меня болит горло. 

のど痛いです。

といって症状を伝えることができた。

 

こういう薬がほしいと言う

そのあとはこういう薬がほしいと言うこと。

僕はうがい薬がほしかったのでうがい薬(

Полоскание)と調べて

うがい薬を下さいということに成功した

 

購入

あとは値段を聞いて(聞き取れないときは紙に書いてもらうと良いと思う)支払うだけだ。

最近はVISAカードも使えるので(2017年11月22日現在)カードまたは現金で支払おう。

 

使用方法をあらかじめ聞いておくこと

どんな薬なのか、使用頻度などはあらかじめ聞いておいた方が良い。

というのも後で家に帰ってよし飲むかってなったときに箱を開けて出てくるのは長文のロシア語の説明書。自信がある人なら良いけどそうでない人は店員さんに聞いておいた方が無難だ。もし、店員さんが優しい人なら教えてくれるはずだ。きっと、、、

(僕の時は幸い良い店員さんだった)

 

まとめ

友達に聞く

店探す

症状を言う

薬の種類を言う

買う

使用頻度(方法)を聞く

 

という感じだ!

何か分からない単語が出てきてもすぐに調べられるように電子辞書やケータイのアプリをいれておくと便利なのでオススメする。