俺のロシア体験記

ロシア大好き天パブロガー

ソビエト時代の有名バレリーナの家に行ってきた

スポンサー広告
有名なバレリーナ

突然だが、ガリーナ ウラノワというソビエト時代に活躍していたバレリーナをご存知だろうか??


f:id:skaterussia:20171110194245j:image

 

調べてみると
ガリーナ セルゲーブナ ウラノワ(1910年1月8日 - 1998年3月21日)は、ソヴィエト連邦時代に最高の名手と謳われたバレリーナ。彼女が住んでいたモスクワの部屋は、国立の博物館として保存され、サンクトペテルブルクとストックホルムには彼女の像が建てられている。(wikipedia より引用)

と書かれている。

有名なバレリーナだったようだ。


今回は友達とともにその彼女の家に行ってきたのでその模様をお伝えする。

 

部屋の様子

 

部屋はこんな感じだ。ちなみにこの家(マンション)は有名人しか住んでいなかったらしい。

今は国立の博物館になっているようだ。
f:id:skaterussia:20171110194412j:image

 

日本のものが

目がいい人ならパッと気づいたかも知れないが、棚の上に日本人形が飾られていた。


f:id:skaterussia:20171110195026j:image

 

なぜ、ここにあるのかと聞いてみると、彼女は日本通だったらしい。他にもこけしがあったし、冷蔵庫は日本の会社のNational を使ってた。

こんなところにも日本との繋がりがあると思うと嬉しかった。

 当時の写真

部屋には当時の貴重な写真や手紙なども展示されている。


f:id:skaterussia:20171110203925j:image

 

ロンドン公演

 

この博物館にはガイドさんがいて、部屋のようすやガリーナ ウラノワについて説明してくれる。もちろん、全部ロシア語だ笑(聞くの大変だったよ笑)

その説明のなかでガイドさんが言ってたのが、ガリーナがロンドン公演に行ったときのこと。当時の彼女はイギリスでもかなりの人気だったようで。皆ガリーナに夢中でイギリスの王室の方が現れた時に敬礼するのを国民が忘れるほど人気だったとか。(イギリス史上初らしい)

とにかく他の人が目に入らなくなるほど人気な人だったようだ。

 

ガイドさんにブログにこの博物館とバレリーナのことを記事にしたいと言うと、ぜひ書いてくれと言ってくれた。

そして、喜んで彼女の生活や日本に来てた話なども語ってくれた。

 

まとめ

家めっちゃ綺麗だった笑

ソ連のバレリーナが日本のことを好きだったのは初耳だった。

もっと日本にもそういうことが伝わったら良いのになと思った。

 

 アクセス方法

ちなみにこの博物館へのアクセスは

Таганская駅から降りて徒歩10分くらいだ。

 

Музей-квартира Г.С. Улановой

ガリーナ・ウラノワ マンション博物館

Адрес:

住所

109240, Москва, Котельническая наб., 1/15, кв. 185
(ст. м. Таганская)

最寄り駅 タガンスカヤ

 

Время работы: Понедельник, вторник, среда, четверг, воскресенье: 11.00 — 19.00
Часы работы кассы: 11.00 — 18.30

開館曜日

月、火、水、木、日

11:00-19:00まで

窓口の営業時間(チケットを買える時間)

11:00-18:30

 

興味を持った方、バレエ好きな方はぜひ行ってみて欲しい。