俺のロシア体験記

ロシア大好き天パブロガー

ロシアの歩行者天国 アルバート通りに行ってきた

アルバートに行ってきた

f:id:skaterussia:20171013033836j:image

 

ロシアで有名なアルバート通りに行ってきた。ロシアを感じられる町並みだったので撮ってきた写真とともに紹介していく。

 

 

アルバート通りとは

アルバート通り(Улица Арбат)はロシア・モスクワ中央区のアルバート広場から南西へスモレンスカヤ広場までの繁華街で、歩行者天国になっている。

Wikipediaより引用

 

 

というわけでアルバートの町並み紹介します!  

 

これを見ればアルバートに行ったような感覚になるのではないでしょうか

 

アルバートの町並み

 
f:id:skaterussia:20171013033826j:image

 

 まず、駅からでたところに楽器を吹いているおじさんがいた。

ロシアでは基本的に駅や街を歩いていると音楽が聞こえてくる。

まさに音楽のまちなのだ。

 

こんなところにりんご飴

 

街を歩いているとこんなものを見つけた。

どう見てもりんご飴だ笑

まだ食べたことがないのでこんど買ってみようかな笑


f:id:skaterussia:20171013034001j:image

 

プーシキン


f:id:skaterussia:20171013034054j:image

 ロシアのプーシキンという詩人をご存じだろうか??現代ロシア語の父であり、全ロシアから愛される有名な詩人だ。ロシアの人達はこのプーシキンを愛している。

そのためこの像の前で皆写真を撮っていた。

 

 
f:id:skaterussia:20171013034303j:image

ちなみにこの向かい側にはプーシキンの家があり、美術館になっている。こんどいってみようと思う。

 

 ロシアの絵画

そして、今度は絵が売られていた。


f:id:skaterussia:20171013034314j:image

にしてもレベルが高い。

1枚買っておこうかと思ったくらいだ。

ただ、値段が高かったので見るだけにする笑

 

アルバート名物 絵描きおじさん

ちなみにこのアルバートでは似顔絵を書いてくれる似顔絵おじさんがいるらしい。

実際に描いていたので紹介する
f:id:skaterussia:20171013034514j:image

 

にしても、モデルといい絵といいレベルが高い。このおじさん、あっという間にこの絵を描きあげてしまった。

 

ちなみにこの絵2000ルーブル(約4000円)で描いてくれる。描いて欲しいかたはぜひ頼んでみてはいかがだろうか

 

 本買ってみた

最後に本が売られていた。

 
f:id:skaterussia:20171013034757j:image

たくさんの本である

 


f:id:skaterussia:20171013034825j:image


僕はこの中からこの本を選んだ。

はじめの方で紹介したアレクサンドル・プーシキンの詩集である。

今はまだスラスラ読めるわけではないのだけれどこの留学中に彼の詩を生のロシア語から感じとれるようにしたい。

 

まとめ

 

いかがでしたか??

普段ネットではなかなかロシアの町並みは見れないと思うので写真とともに紹介しました。これを読んだひとがちょっとでも、あ、ロシア行ってみたいかも♪と思ってくれたら嬉しいです☺️