俺のロシア体験記

ロシア大好き天パブロガー

もしロシアと日本の民間交流が増えたらどうなるか 男子大学生が考えてみた

民間交流

 

現在ロシア人と日本人の交流はまだまだ少ない。そもそもロシアのことを知らない人が多い。では、もし将来ロシアと日本の民間人が仲良くなって交流が増えたらどんなことが起きるのか。男子大学生が考えてみた。

 

【目次】

 

 

1.街に金髪が増える。

f:id:skaterussia:20170812214933p:plain

地球上には純粋な金髪は1.8%しかいないといわれている。なんとロシア国内では10%もいるのだ。確かに日本に来ているロシア人をみても金髪が多い。

この前電車に乗っていた時のこと。ある駅で電車が止まった時に金髪の外国人が乗ってきた。すると、向かいに座っていた日本人が3度見した。そこまで見るか!と思ったが日本人の金髪女性へのあこがれはどうやら強いらしい。

 

話を戻そう。

ロシア人に聞いてみると意外に日本に興味を持っている人は多い。だが、謎の国だと話す人もいる。なぜなら行ったことがないからだ。なかなか行けない理由としては、ビザの問題。そして、日本の物価が高いからである。だが、地方に行けば物価もそこまで高くなくなおかつ日本を満喫できる素敵な場所もあるはずだ。この2つを解決する旅行会社が増えてくればロシア人観光客は増えるのではないかと思う。

 

2.おやつ代わりにいくらが食べられる

f:id:skaterussia:20170818002645p:plain

僕は海産物が好きだ。すしだと、いくらが好きだ。。

ロシアは海産物が豊富というのはご存じだろう。日本が輸入していたカニの7割近くがロシア産だ。ついでによくすし屋で食べるイクラ。これはロシア語由来であるちなみにロシアではキャビアは黒いイクラと言っている。

実際にロシア人にいくらは普段食べるのか聞いてみた。

 

ロシアではいくらってよく食べるの?

 

うん、よく食べてるよ♪

 

マジか!羨ましい!

 
交流が盛んになればいくらが今よりも安く手に入るかもしれない

 

 3.宇宙開発がすすむ 

f:id:skaterussia:20170812215933p:plain

1、2ときていきなり宇宙?とも思うかもしれないがこっからが本題である。最近日本でも民間の宇宙開発の会社が増えてきた。先日堀江さんの宇宙ロケットの実験も話題になった。ではなぜ、宇宙とロシアが関係あるのか。それは今までロシアは宇宙開発を率先してやってきた国だからである。世界で初めて宇宙に行ったのはロシアである。世界で初めての人工衛星「スプートニク」を打ち上げたのもロシアである。アメリカとの宇宙競争が激化した時代もあった。そこからしばらく落ち着いていたが、近年また宇宙開発が進み始めている。その証拠に今年ロシアのモスクワ大学で宇宙研究学部ができた。モスクワ大学と言えばロシア最高峰の大学で優秀な学生ばかりだ。今後宇宙開発の専門家が増えていくに違いない。日本に興味のある学生もいると思うので将来ロシア人と日本人の民間での宇宙開発を目指す会社も出てくるのではないかと思われる。

 

まとめ

ということでまとめると

1.街に金髪が増える。

2.おやつ代わりにいくらが食べられる

3.宇宙開発がすすむ

このように自由に述べてきたが実際ロシア人は日本人にもっていない発想を持っている。特にクリエイティブな発想ができる人たちだ。そんなロシア人と日本人が協力したら面白い仕組みや活動ができるのではないかと僕は思っている。そのためにももっとロシアのことを知って欲しいし、僕も発信していく。