読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハラショーって知ってる??

学生が伝えるロシアの豆知識

英語の発音を良くする方法

 

 

英語ができるとは

 

 

皆さんは英語できますか?

 

 

f:id:skaterussia:20170508002244j:plain

 

自分の言いたいことを自由に話せたらかっこいいですよね。

 

 

でもたぶん、自信満々にできます!って言える人は帰国子女とかくらいじゃないの?と思う方も多いと思います。

 

 

中には、TOEIC の点数は高いけど、会話は・・・って方も多いかもしれません。

 

さて、では何をもって英語はできるか、またはできるように見えるか、いくつか定義はあると思いますが僕はその一つに発音が絡んで来ると思います。

 

例えばですよ、日本語を学んでいる外国人の方がいて、日本語学習歴は10年。知っている言葉の量も10万語で文法もかなりできるとしましょう

 

ただ。。。発音がからきしダメ。母国語のなまりがきつすぎて何を言っているかわからない。これでは非常にもったいないし損です。

 

僕の友人の言葉ですが、

 

文法の間違いなら相手は、あ、文法が少し違うな。と察してくれる。

 

でも、発音が違うともう、それはその言語ではなくなってしまっている。

 

 

 

skate-russia.hatenablog.jp

 

 

もちろん、ネイティブのような発音にまでなる必要はありませんが少なくとも誰が聞いても理解できるような発音ができれば誤解も少ないですよね。

 

ってことで今回は発音を良くするための方法を紹介します。

 

気になる方はぜひ見てくださいね。

 

[目次]

 

発音をよくするには?

 

 

皆さんは発音を良くするためにはどうしたらいいと思いますか?

 

ある人はCDを何回も聞けばいいだろう!

 

っていうかもしれないし、

 

外国人の真似をしてみればいいとか

 

たくさんの英文が載っているテキストをよくみて、それっぽく発音してみる・・・とか

 

考える人が多いかもしれませんね。

 

ではどうしたら、発音がうまくなるのか?

 

 

それは・・・

 

まあ、当たり前っちゃ当たり前なのですが

 

 

発音の勉強をすることなんです

 

たぶん、いままで英単語や文法

 

長文読解、リスニングの勉強はしてきた方はたくさんいると思います。

 

でも、肝心の発音を学ぼうとされてきた方って意外に少ないんじゃないかと思います。

(いたらすいませんね(笑))

 

英語にはフォニックスといって発音のルールがあるんです。

 

また、舌の動かし方も日本語とは結構違います。

 

これを理解して自分でもできるようになるとかなり上達すると思います。

 

では、どうやって学ぶのか・・・

 

肝心なところですよね

 

 

まあ、早い話が外国人に教えてもらってください!っていうのが速そうですが

 

そんなまわりにいねーよ!って声が聞こえてきそうなので (笑)

 

今回はフォニックスを学ぶための本をご紹介します。

 

発音を学べる教材

 

こちらです。

 

 

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

 

 

この本は初心者にもわかりやすいよう英語の発音方法が載っています。

 

例えばですが、英語のMの音を日本人は口を開いてしまいがちなのですが、これは口を閉じて発音をするんです。

 

逆に日本語では ん の音はつまり N の音は口を閉じて発音をしていますが英語では舌を上あごに付けて発音しているんです。

 

ほかにもA の発音にはスマイリングA があったりといろいろあるのですが詳しくはこの本を買って読んでください。

 

CDもついているので、テキストに沿ってまねをするといいですよ。

 

しかも、舌の動きや、感覚なども発音ごとに日本語で書いてくれているんです。

 

これはおすすめですよ!

 

まとめ

 

以上が発音を良くするための方法でした。

 

まあ、簡単にいうと発音の仕方、舌の位置とか学んで何度も練習してってことですね。

 

筆者もこのテキストを使って発音がよくなりました。

 

けっこう目から鱗なことも書いてありますよ

 

このテキストを使ってぜひ、発音マスターになってくださいね!!