俺のロシア体験記

ロシア大好き天パブロガー

なぜyoutuberが増えたのか 3つの理由を考えてみた

スポンサー広告

 

急激に増えた youtuber

 

 

筆者はyoutubeが好きで毎日のようによく見るのだが

 

最近思うのは

 

あれ、youtuberがめっちゃ増えている!!?

 

ということだ。

 

 

f:id:skaterussia:20170327215418j:plain

 

 

昔だったら、Hikakinさんのような若い青年が趣味でやっているイメージが強かったと思うが

 

最近では高校生から大人、また、小学生youtuberも出ている。

 

小学生の将来の夢ランキングベスト3にyoutuberが入っているというデータもある。

 

まさに今はyoutuberブームなのである。

 

こんな世界を10年前には想像できただろうか。

 

 

ここまでくると一時のはやりではなく社会現象の一つともいえるだろう。

 

ではなぜ、こんなにもyoutuberは増えたのか。

 

それを3つの理由から考えてみた。

 

【目次】 

 

 

1.誰でも発信できるメディア環境

 

 

ひとはそれぞれ自分の意見を持っている。

それは表に出さないだけで、一人ひとり異なるユニークな考えがあるはずだ。

 

だが、日本は個人主義より集団主義という文化が強いので、なかなか意見を言い出しづらいというものがあるだろう。

 

だが、youtubeならそれができる。

 

今まで情報や意見を発信するのはテレビやラジオ、新聞などの媒体が担ってきた。

 

たとえ庶民が何かを伝えたくてもその媒体の方々の目に留まらなければ多くの人に伝えることは難しかった。

 

 

しかし、いまはどうだろう。

2009年に上陸した  i phoneを中心にスマ―トフォンが急速に普及した。

それによって、庶民の身近なところにいつでもインターネットと接する環境が整った。

 

それによって、Facebook ,Twitter,などのSNSツールがさらに発展し成長を遂げた。

しかもそれらのツールは個人が自由に発信することができるのである。

これは非常に大きい。

なぜなら、いままでは視聴者という立場だったのが発信者という立場も選べるようになったからだ。

これによって生まれる相互作用は大きい。

 

個人が文章や動画で思ったことや気づいたことを発信して、それに共感する人がいいねボタンをおして集まってくる。

その数が増えれば増えるほどネット上に同じ考えを持った新しい集団が生まれるのである。

 

また、スマホの普及によって、今まではPCでしか見れなかったyoutube

がいつでも手元で見られるようになった。

 

そのため、誰でも見られる注目の舞台となったのだ。

 

2.新しい娯楽としての存在

 

youtubeときいてマジメなものとしてとらえる人はあまりいないはずだ。

どこかたのしいもの、エンターテイメントとして考える人が多いはず。

 

最近の若者はテレビをあまり見ないといわれる。

というのも、テレビのチャンネルよりインターネットの方が見られる動画や情報の種類が豊富だからだ。

もちろん、好きなアーティストやお笑い芸人がテレビに出るときはそれを見る人も多い。

 

だが、インターネットなら自分が好きな時に調べて、自分が好きなタイミングでその人たちを見ることができる。

 

ある意味、視聴者がみる媒体を選べるようになったのだ。

 

また、youtubeなら個人が考えた企画をすぐ実行できるのでスピーディーに作れるし、それぞれ個性が強いので非常に面白い。

 

最近ではyoutuber=有名人という認識も増えてきている。

 

自分が考えたアイデアを動画にして多くの人に見てもらう。そして、それに共感してもらったりコメントをしてもらうことによってファンとつながれる。

これはyoutuberにとって幸せなことではないだろうか。

 

 

3.新しいワークスタイル

 

 

以前だったら、youtuberは趣味の範囲でやる人が多かった。

だが今では、youtubeによって生計を立てる人も出てきている。

 

これは今までの日本の働き方に大きな変革をもたらすものではないだろうか。

 

今までなら普通の人が通る道と言えば、勉強していい大学に入っていい会社に入って、収入が安定して・・・

 

というレールを想像する人が多かったと思う。

 

だが今はそのようなレールに疑問を持つ人も増えてきている。

 

もちろんyoutuberになれば誰でも稼げるってことではないが、生活していく上での一つの選択肢として浮上してきたことは非常に興味深いと思う。

 

そもそも会社に勤めるという考え方ができたのも明治時代とかの近代からではなかろうか。

 

 

 また、日本は経済が成長できるところまでもうしてしまったように感じる。

そんななかでその伸び盛りの時のままの働き方ではうまくいかないのも当然である。

 

時代が変化しているのだから働く姿勢や考えも変えていった方がいいように思う。

 

そんな閉塞感の中youtuberという動画を楽しそうに投稿しながら生活している人たちが存在するのは最近働き始めた人や学生の子たちにとってはまさにあこがれの存在なのではないだろうか。

 

 

まとめ    youtuberが増えた理由

  1. 個人が発信できるから
  2. 新しい娯楽になったから
  3. ワークスタイルのひとつとなったから

 

 

このようになぜyoutuberが増えたか筆者なりに考えてまとめたみた。

 

 

このyoutuberの出現で大きなことは発信・娯楽・ワークスタイルという3つの点で革命がおきたことである。

 

動画で配信すればだれでも見られるし普段みんなが思っているけれどなかなか言えないことなどもyoutuberが発信することによって共感できたり場合によっては世論の一つになるかもしれない。

 

そう考えるとyoutuberの可能性はとても大きいものだと思う。

 

これからも、楽しい動画をどんどん作っていってほしい(・∀・)/