俺のロシア体験記

ロシア大好き天パブロガー

ロシア語の音が拾えるようになるとともにロシアの人の話す声が聞こえてきた

 

 ロシアに住む人はどんなことを話してるのだろう。

 

これは僕が留学する当初から気になっていたことである。その時はまだわからなかった。音が拾えなかったから。

でも、変化が訪れた。先月から音が拾えるようになってきたのである。つまり、耳が慣れたのだろう。

さて、今回はロシアの飛行機から自分の宿舎の部屋に戻るまでに出会ったエピソード6つを用意した。

 

何話してるんだろうなあ??

と気になるかたは読めば雰囲気が伝わって来ると思う。

さて、前置きが長くなった。

さっそくエピソードを紹介することにしよう!

 

 

 

エピソード1 隣の席の女王

となりの客は不機嫌な客だった

みためはそうだな

ディズニー映画に出てくるハートの女王といったところだろう。

CAが飲み物を尋ねる場面でもぶっきらぼうに 「トマトジュース」といっていた。

留学当初の自分だったらきっとこの時点で判断して「あーいやなおばさんだな、、」と思っていたと思う。

だが、その後あれ?と思うことがあった。

 

昼食後プレートを下げるときにCA が回収しに来たのだが、僕がプレートと袋のごみを渡そうとしたときに急いでたからかプレートを受け取るとそのまま行ってしまいそうだった。まあ、次来た時に渡すかと思ったときにとなりのハートの女王が「(CAに向かって)お嬢ちゃん、それ受け取っておやり!」といってくれた。

(ちなみにロシアのおじさん、おばさんは若い女性をお嬢ちゃん(さん)、若い男性を若者と呼ぶ。自分もよくカフェとかで「若者、これ君の(注文した)パンね」と呼ばれる。)

お、いいところあるじゃんと思った。

その後、その女王の前には一人の老人が座っていたのだがどうやら彼女の夫らしい。隣に座っていると聞こえてきたのが「あなた、体調大丈夫?無理してない?」

との言葉。比較的大きめの声で話しているので勝手に聞こえてくるのだが、

それを聞いたときにあれ、この人見た目と違っていい人なのか??

と思ったのだ。これが聞こえるようになって分かったエピソードの一つ目である。

 

エピソード2 キリッとしたパスポート管理人

空港に着くと入国審査がある。そこでパスポートを提出する。

自分が並んだところはキリっとした雰囲気を醸し出す金髪女性が担当していた。パスポートを提出する。去年もいたことを確認すると

「あなた、ロシア語話せるの?」と聞いて来た。

1年生の時に聞いていたCDと比べると4倍くらいの早さだったが、慣れた今では余裕である。(まーこれはちゃんとわからないとね(笑))

ダー。

と低い声でつぶやくと意外だったのか

彼女は少し微笑んだ。そして、ゲートを開けると『よくロシアに帰ってきた。待ってたぜ』と言わんばかりの決め顔とともに

「通っていいわ」と言った。

 

エピソード3 バスで歌う女の子

バスに乗った時のこと、隣に1歳前後の女の子が座ってきた。椅子に腰かけると足をリズムよく弾ませながら何やら歌っていた。しかもノリノリである。いったい何を歌っているのだろう。

そっと耳を澄ましていると聞こえてきたのは

「あー、ぽー、ぽー、ぽー、あ!」

という歌詞だった。

 

うむ、未知な言語だ!笑 ふと顔を上げると少女の前に母親が立っておりその人も全く元気な子ね~。と自分の娘を眺めながらほほえましそうな顔をしていた。

 

あんなに流暢にロシア語を話すロシア人もはじめはこういう感じだったのかと思うとホッとするとともに、ほほえましかった。

その後も終点につくまでその少女のお歌の発表会は続いた。

 

エピソード4 明るい空港の店員

空港に着くとふらっとお土産店に立ち寄った。アリョンカチョコレートやバッジなどのロシアグッズを見ると帰って来たんだなーと感じた。なんだろう祖国は日本なんだけど第二の故郷的な感じだろうか。まあ、いいや(笑)

さて、眺めていると何かお探しですか?と語りかけてくる店員がやってきた。

僕:いやーただ、みてるんです。なんかなつかしくて。この前まで帰ってたんで。

店員:あ、ロシア語話すんですね!そうですか~どこの国で?

僕:日本です。

店員:え、日本ですか!私行ったことありますよ♪(ニコッとして)

僕:そうなんですね。え、日本のどこに、、、

 

・・・

という具合に話していた。うん、聞けるようになってきたね。

 

エピソード5 空港の広場に待ちうける男達

ロシアの空港に着き、手続きも終わりスーツケースをもって扉を出ると誰が待っているか。それは、、

 

タクシー勧誘のおじちゃんたちである。(笑) 

ざっと8人はいる(笑)

 

留学のはじめのうちはそんなおじさんが何故近寄ってきて、いったい何を話しているのか理解できなかったのだが今ならわかる。よし、翻訳しよう。

ガラガラガラ(スーツケースを引きづる音)

お、兄ちゃん~タクシー?タクシーだろう?

安いぜ~割引もあるし~

ほら、いこうぜ♪

 

正直ぞっとした。最初来た時よくそのタクシーに連れてかれずにすんだなーと思った。

押しも強いし。ちなみにちゃんとしたタクシーにのりたい人はヤンデックスタクシーをおすすめする。これが一番信頼できるタクシーだ。黄色のマークが目印。ケータイのアプリからも呼べるがおそらく初めて来た人は持ってないと思うので、空港に設置されているヤンデックスタクシーを呼んでくれるブースに行くことを進める。

勧誘してくる人たちにヤンデックスタクシーのプラカードをぶら下げた人もいる。

なかには正規の人もいると思うがパチモンも紛れ込んでいる。

まさに運である。

もし、その人達に連れ込まれそうになったら相手の目を見て己の感覚で判断しよう。運転手がやばそうな雰囲気だったら乗らない方がいい。

とにかくヤンデックスブースに行くのが一番だ。

 

エピソード6 宿舎のおばちゃん

やっと帰ってきた。

部屋に戻ろうとすると廊下に置かれている椅子にちょこんと宿舎のおばちゃんが座っていた。

「おかえり。」

と言ってた。

「ゆっくり休めたかい?」

との問いに

うんと答えた。

笑顔で

すると

おばちゃんが

「ま~うれしそうな顔しちゃって。も~

ふふ。よかったわ。ほら、お部屋にお戻り。」

「は~い」

 

という感じで自分の部屋に戻ったのである。

以上飛行機の中から宿舎の自分の部屋まで戻る経緯でのエピソードを6つを紹介した。

 

まとめ

 

さて、いかがだっただろうか?

ブログの文面からこのほのぼのとのんびりとした雰囲気は伝わっただろうか。

あれ、意外にかわいいこと喋っているんだなと伝われば幸いである。

さて、こんな感じで残りの留学生活をのんびりと歩んでいこう。

この広大な空の下、ロシアの文化に浸りつつ。

 

あの大ヒット映画「君の名は」がロシアでも上映されてたので行ってきた

2016年日本で話題になった映画「君の名は」

この映画の名前を知らない日本人はほぼいないであろう。

主題歌はどこのお店に行っても流れてたし、

 

さて、なんとロシアでは今

あの大ヒット映画「君の名は」が上映されているのだ。

しかも話題になっている。

 

というわけで友達といってきました~

(実際行ったのは10月)

今回はそんなお話。

 

 君の名は in ロシア

映画館に向かい席に座ると

まもなく上映が始まった。

実は自分まだ君の名は見ていなかった。

 

だからロシアで初めて見たんだ。

初「君の名は」in ロシア

 

レアな体験だなと思った。

(あんまいないよね?(笑))

 

感想

みんなロシア語喋ってるー

あたりまえか

ロシアだもの

たきも三葉もロシア語ぺらぺらだった。

ロシア人むけに上映されているのだからもちろん全部ロシア語。

 

日本の風景が流れて、日本の学校で日本のキャラクターがスクリーンに映し出されている。

でも、何を話しているかわからない。不思議な感覚だった。

映画行ったの留学2か月目だったしね。

 

ある意味日本語わからない状態で日本のアニメや動画をみている外国人の気持ちが分かった。

ただ、細かいところで何を言っているのかわからなかっただけで

全体のストーリーはわかったし、最高だった。

 

映画館にいたルースカヤも泣いていたしね。

君の名はの感動はロシアにもしっかりと届いているのであった。

 

 時は流れ

さて、時はながれ2018年1月。

お正月は日本でのんびりと過ごすことにしたのだが、

なんとテレビで「君の名は」をやるではないか!!

 

これはラッキーだ!とおもって

喜んでテレビの前に座った。

 

感想(日本語版)

そーゆーいみだったのかーーー!

三葉が手を開くあのシーンとか

あとは、たきと時間が・・・

まー詳しくは見てない人もいると思うので詳しくは書かないが、

 

ロシアで見てた時に

なんでこうなったの?

と気になっていたところが全部わかると

ますますこの映画

サイコーだなーと思った!

 

やっぱ「君の名は」日本語で見るに限ると思った。

 

おまけ

あとテレビの放送で視聴者プレゼントがあって

your nameと書かれたシャツが3名様に当たるというのを見て

めっちゃ面白かった。漢字で「君の名は」

Tシャツの方がファンはうれしんじゃないかんとおもったけど。

あと、このツイートはサイコーだった👍

 

まだ見てない人はDVD借りるなり

お家でみられるサービスを契約してみてくださいね!

 

それでは!

 

留学生が教えるおススメのロシア語の辞書4選!!

ロシア語の辞書

大学でロシア語を学んでいる人なら教授から教えてもらえると思いますが、

独学で学んでいる人

これから出張でしばらくロシアに行く人などは

どの辞書を買ったらいいのだろう??

 

と悩む人もおおいと思います。

 

そこで!

今回は現役の留学生の僕がロシア語の辞書のおすすめを

ロシア語レベル別に紹介します!!

f:id:skaterussia:20180105022321p:plain



 

 

まずは初心者向け

パスポートの辞書

ザ・初心者向けの辞書です。

説明も丁寧でわかりやすく読みやすいです。

ただ、初心者向けなので、あまり語数は多くないです。

なので次に紹介する辞書をお勧めします。

 

初級~中級者向け

博友社ロシア語辞典

初めて買う辞書ならこれがおすすめ。

語彙数も豊富で引きやすく読みやすい。

しかも巻末には和露も収録されているのでお得ですね。

気になったかたは試しにみてくださいね。

 

中級者~

研究社 露和辞典

ロシア語を学んでいる方はご存知だと思いますが、

現在露和辞典で一番優れている辞典と言ったらこの研究者の露和辞典でしょう。

そもそもこの時点ソ連時代にできたのですが完成するまで30年の月日がかかっています( ̄▽ ̄)

それほど学者たちが時間をかけて作った書なので質が高いのです。

ロシア語にしっかり取り組む方は必須の書と言えます。

 

初・中級~

研究社 和露辞典 <改訂版>

なんとあの研究社から和露辞典が出てるのはご存知でしょうか?

しかも和露辞典と違って新しい。2011年に発刊されています。

なので、最新のコンピュータ用語や政治・経済の用語などもちゃんと入っています。

ロシア語でなんて言うのだろうと気になったときに便利ですよ。

 

番外編

電子書籍

これは留学用なのですが例えばロシアに行ってグループ学習で単語を知りたいとき

紙の辞書だとなかなか間に合わないときがあります。

あとは日本でも早くしらべたいときとかありますよね。

(ロシア語の先生は紙の辞書を勧めているのですが)

そんなときこの電子辞書がおすすめです。

カシオです。

あまり電子辞書でロシア語のものはないので

間違って他の製品を買わないように注意。

 

まとめ

というわけで以上4選でした。

言語学習において良い辞書は必須なので

ぜひサイトで見てみてくださいね。

 とりあえず1冊目が欲しいなという方は博友社がおすすめです。

 

 

別に留学が何かを変えてくれるわけではない

やっと気づいた

 

それは

 

留学が何かを変えてくれるわけではないということを

 

f:id:skaterussia:20180105023059p:plain

 

ずっとくすぶっていたんだ。

 

日々何か変化を求めていた

 

そして、留学に行けば何かが変わるのではないかと期待をしていたんだ。

 

でも、違った。

そうじゃない。

そうじゃないんだ。

 

そう期待を外に求めたところで

見る景色が変わるだけで別に現状は変わらない。

 

何かを考えるきっかけにはなるが

 

結局

 

つまり結局は自分がどうしたいか。

この一言に尽きると思う。

 

もっと深堀りすると

自分が何を感じ

何を考えて

どう行動するか。

何を求めているのか。

これを知ること

理解することが大事だと思う。

 

要は自分探しの旅なのだ。

 

だから大切なことは外にあるんじゃない。

自分の内側にある。

 

それに目をつむっていても

何も見えない。

 

だからもう一度言うけど

留学が何かを変えてくれるわけではない。

 

結局は

自分が何をしたいかだ。

だから、それを自分に問いかけるんだ。

なんども。なんども。

 

自分が望んでいることを。

やりたいと思っていることを。

 

 問いかけ

その問いかけの中で

何か一つ自分が大切にしている考えが、思いが出てくると思う。

そうしたらそれを大切にすることだ。

 

そうしたら次にやること

それは

自分の琴線に触れるものとどんどん出会うこと。

これに尽きる。

 

それは、映画だったり、ドラマだったり

本だったり、劇だったり、歌だったり、音楽だったり

 

いろいろあると思う。

そういった作品に触れているときに

何か自分の心に響くものがあるはずだ。

 

そこでなぜ自分にはそれが響いたのか

考えてみること

答えを出してみること

 

その答えが君の価値観だ。

僕の価値観だ。 

 

だから、もっと自分が大事にしている価値観を

理解する上でヒントになる作品に触れていくことが大事だ。

 

そして自分がこの人は素敵だなと思う人と出会うことだ。

これが大事。

 

まとめ

 

というわけで

留学が何かを変えてくれるわけではない。

留学はあくまで何かを考える上でのきっかけの一つに過ぎない。

 

大事なのは自分の中にある価値観に気付けるかどうか。

そういった感覚に気付けるかどうかだ。

これを理解できている人は強いと思う。

 

そして、その価値観は一人ひとり違うのだから

それがまた面白い。

自分だけの答えだね。

 

そして僕もその価値観をもっともっと知りたいと

思った。

なのでしばらくは文学・哲学・心理学

を中心とした本を読もうと思う。

 まずは文学だね。

 

少しずつ理解していこう。

自分の心を。

 

だからこれを読んでいる人も

自分の琴線に触れるような作品に出合ってほしい。

 

追記

今回の記事は深夜に書いてるのでテンションが高くなっております。意識高めにしあがってます。なので暖かい目でお読み下さい。

(・ω・*)

 

ロシア留学3か月目で気づいた変化 言語編

留学も3か月が経ち

ロシア留学も3ヶ月が過ぎ、もうすぐ4ヶ月が経とうとしている。

留学といえばやはりロシア語がわかるようになりたいと思ってきている人が多いだろう。自分もその一人である。留学1ヶ月目、2ヶ月目は本当に大変だった。

悪戦苦闘していた。

だが、12月のある日

あれ??

と感じることがあった。

今回は3か月目目で気づいた変化について書くことにしよう。

 

f:id:skaterussia:20180105023417p:plain

友達から来た電話

 

俺にはよく一緒に散歩をする友達がいる。

そいつとはよく遊びに行くのだが、ときどき電話がくる。

外国語に取り組んでいる人ならわかると思うが、外国語による通話というのはなかなか大変だ。あって話す分には相手の表情をみて理解したり、身振り手振りで伝えることもできるが、通話は音声情報のみ。

 

しかも、対面より聞き取りずらい音声だ。そんななか電話するのは大変なのだ。

今まで何回か通話したことはあったのだが、正直なところまったくわからなかった。

 

なので、通話な・・

と面倒に思っていた。

 

加えて、留学しているのになかなか聞き取れないといういらだち。

これは正直辛かった。

 

そして、迎えた12月21日。

友達から電話が来た。

 

うわー電話か―

わかるかなー。

 

マーやってみるか。と

通話を開始することにした。

 

 

このときの通話内容は

日本語に訳すことにする

 

通話開始!

友 もしもし

俺 もしもーし

友 調子はどう?

俺 まあまあかな。

友 そっか。

 

ここまではいつものことなので聞けるのだがここから苦戦することも多かった

だが?

 

友 明日なんだけどさ、赤の広場行かない?

俺 赤の広場?

友 うん

俺 なんで?

友 今、スケートリンクがあるのは知ってるか?

俺 知っとる。

友 そこのライトアップがきれいなんだ。それに写真も撮りたいしさ。

俺 そうなんだ。

~省略~

15分後

 

友 じゃー、〇〇駅の中心に11時30分はどう?

俺 おっけー

友 ちなみにそのパーティはどこの駅の近くでやるの

俺 何時に?えーっと 5時にこの駅だよ。

友 なるほど。じゃ、また明日ね。

俺 オッケーまた明日ね。

 

 

ふー。通話終わったー

明日11時30ねー

ふーん。

ん?

ん???

 

あれ、

普通に会話できてるじゃん!

 

普通に聞こえたし!

 

というわけで、相手の話が聞き取れるようになったのである。

しかも電話で。

これはめっちゃうれしかった。

 

これが、耳が慣れるということなのだろうね。

長かったけど3か月たつと耳はなれるのである。

 

もちろん知らない単語が出てくると分からないが、知っている単語でなら前よりずっとわかるようになった。

 

それは、ロシア語でyoutubeをみてても感じるようになった。

前より音が滑らかになったし。

 

映画とか見てても前は字幕を見てから反応してたのが

ロシア語の音声が聞こえたら反応するようになっていた。

 

正直に言おう

 

めっちゃうれしいい!!!

 

まとめ

 

はい、というわけで留学は

3か月までは待つこと焦らないこと

そうしたら聞こえるようになる。

それまでは音声学習中心たんたんとこなしていくこと。

あとは語彙を増やしていくことだ。

 

一度耳が慣れればこっちのもの

あとは、よく音声を聞くことを意識しながら、友達と話したり、本を読んだりしながら着実に語彙を増やしていけば良い。

 

自分もこれからもたんたんと学んでいこう。

 

2018年もよろしくおねがいします

正月はのんびりと

 

久しぶりの更新だ。

 

年末、それから正月はのんびりと過ごすことにした。

 一富士二鷹三茄子のイラスト

 

さて、今年は2018年だ。

 

今年やることとしては大きく分けて3つだ。

 

一つ目はロシア語を使った言語学習・言語活動

二つ目は読書。

三つめはワクワクすることだ。

 

一つ目のロシア語に関しては最近前よりもわかるようになってきた。

これについては他の記事で書くことにしよう。

 

そして、2つ目。読書。

モスクワに来てからは世界から集まっている留学生や日本の優秀な留学生と話す機会があった。そこでかんじたのは僕はまだまだ知らない世界があるんだなということ。

それは学問もそうだし、世界の現状も。

まるで井の中の蛙である。

 

ドイツから来ている留学生から多くのことを学んだ。彼からは日本やドイツのように経済の強い国、そして貧しい国の違いについて教えてもらった。本当に格差社会なんだね。

 

そしてもう一つ。

それは日本から来ている留学生と話したときだ。

彼に普段どんな本を読むの?って聞いたら。

「ハイデガー。」

と教えてくれた。

 

正直驚いたよ。

普通は何か最近話題の本とか読むのかなと思うでしょう?

それがハイデガーだよ。

これ読んでいる人の中でどのくらいの人がハイデガーについて知っているんだろう。

日本にはマンガを読んでいる人がいる一方で、ハイデガーの本を読んでいる人がいる。

これは俺にとって衝撃だった。

 

そして、彼と話していて感じたのはきっと見えている世界が違うんだなと思った。

学んでいる量も違うしね。

話していて大きな世界観を感じたんだ。

そんな彼を見てると日本のある友達を思い出した。

彼もとても勉強熱心だ。

そして、ほんとにすごい勢いで学んでいる。

彼は公共政策学や地政学に詳しくていろいろ教えてくれる。

そんな彼と話しているときに感じるのも同じ感覚だ。

あ、こいつも見えている世界が違うんだな。

誤解のないようにいっておくとこの場合の見えてる世界が違うんだなというのは

異次元や別々の世界のことではなく、1段階、2段階深い視点で物事を見ているということ。そんな彼らと話すとさらに思うのは

「どんな世界が見えているのだろう・・」

ということ。

そんな世界に興味をもった。

 

これは、もう・・・

学ぶしかないでしょ!!

だってみたいもん!

もっと広くて深い世界を。

 

というわけで外国の地で学問に目覚めるところである。

今年は学問系や古典を中心に読んでいくことにする。

そして、学んだことをブログでアウトプットしていくと。

学生だしね。

どんどん学んでやろう!!

 

そして、3つ目としてはこれは明確ではないのだが

ワクワクするようなことがしたい!

このワクワクとは何か? 

 

振り返ってみよう。

思えば、留学に行く前はロシアってどんな国なんだろう?

どんな人たちが待っているのだろう!

と期待に胸を躍らせていた。

多分あのときが一番ワクワクしてた。

 

だがもうすぐ4か月がたとうとしている今はどうか?

なんだろう。

この国に慣れたからか。

赤の広場にもう6回も行ったからか。

それともボルシチを10回以上食べたからか。

はたまたロシアのおばちゃんの対応にすらなれたからなのか。

全然ワクワクしない。

今自分の求めている感情を表すのに最も合うのがこのワクワクである。

かわいらしい言葉だがこの感情が今猛烈に欲しいのである。

このワクワク状態になるとそれはもう大きなエネルギーが湧く!

 

今の状態をソ連時代で例えると停滞の時代といったところであろうか。

良くもなく悪くもなく。

 

きっと、このワクワクとは自分が本当に打ち込めるもの、興味をつよく持てるものであり。自分が目指したいもの、力をガチで注ぎたいものなのだろう。

 

うん、本を読みつつ、街に繰り出しつつ、

このワクワクを探してこようと思う。

 

そんなわけで今年は

1.ロシア語(友達と遊んだり、交流する)

2.読書(学問・古典)

3.ワクワクするもの

を中心に活動していくことにする。

 

あとは言語も学問も焦ってはよくないので自分のペースを意識しながら

一歩ずつ歩むことにしていく。ゆるーくね。

 

 

というわけで2018年も

よろしくおねがいします。