俺のロシア体験記

ロシア大好き天パブロガー

今日はマジで寒かった。 冬の格好で揃えておくべき3つの服装について

なに、この温度??、、、

 


f:id:skaterussia:20171124001309j:image

 

まだ11月だよ?

 

ロシアの冬は寒かった

なんか今日はいつもより寒いなーと思った。

周りの人も普通に歩いてるし最初は気にならなかったけど、流石に寒く感じた。

今、何度かな~って気軽に(/ω・\)チラッと見てみたらこの温度。

 

え、、、

と一瞬固まった。

今まで日本にいたときも確かに寒いときもあったけどせいぜい0℃か-1℃

普通そのくらいになったら人は外に出歩かないだろう。

 

なのに何この普通の日常。

ベビーカー引いてる女性もいたし。

赤ちゃん凍らないのかな?と思っちゃう。

 

犬も元気に歩いてるし、

鳩ものんきにパンの餌食べてる

という平和な日常。

 

なんだこれは。

みんな寒くないのかな

体感温度-7度だよ??

 

アジア人には寒すぎる

向こうの感覚だとこれが普通なのかもしれないけれど、アジアから来た身からしたらとてもじゃないけど寒すぎる。

 

なら、外に出なければ良いのにと思うかもしれないがロシアでは手続き関係で定期的に外に出る必要があるのだ。

というわけでこんな寒いなかでも歩いているわけで。

 

こんな寒い時でも外に出歩くためには暖かい服装が必要。

というわけで冬の服装で必要な三種の神器を取り揃えたので紹介します。

 

冬に必要な3つの服装

 1.コート

言わずもがな冬はマジでコートorジャンパーが必要。最初日本から持ってきたやつを来ていたのだけれど10月の中盤からはもう耐えられなくなった。ロシアで買ってみるとこれがもうとっても暖かい。流石、寒い国は対策がしっかりしてるな。というわけでこっちに来たらお店でコートまたはジャンパーを買うことをおすすめする。

 

2. ブーツ

これもロシアでは必要。秋なら普通の靴でも良いかも知れないが冬は禁物。きちんと冬用のブーツを買うこと。こっちで気づいたのだけれど、ロシアの人は手袋や靴は秋用と冬用をそれぞれもってる。日本だと両方買うのは面倒だから一括で買うけど、寒い地域ではその辺りが徹底しているのだ。というわけでこっち来たらブーツ買おう。割引されてる店もあるから探してみると楽しいと思う。

 

3. 帽子

これこの3つの中でも一番大事かも!なぜか?この寒さから頭を守ることは重要だからだ。日本だと冬に帽子をかぶってる人はあまり多くない。せいぜい、ジャンパーについてる帽子をかぶる程度。でも、こっちではきちんと帽子を買ってかぶることが大切。

 

また、10月の時自分は帽子を持ってなかったのだがその時たまたま寒かった。そして、その時友達(もちろんロシア人)と散歩してたのだが話しに夢中で気温かどんどん下がっていくことに気がつかなかった。すると、だんだん頭が働かなくなってきて最後の方はぼーっとしてきた。そのあとすぐに駅ついたからよかったけど、さすがに寒さのなか帽子を着けずに歩くのは危険だ。

 

知識としては知っててもときどき被ってない人を見かける。あれは危ないなと思う。安全のためにも帽子は買ってしっかり被ること。

ちなみにこの帽子も秋用と冬用があるのだが、冬用のやつを買った方が良い。冬用は裏起毛がついており暖かさが全く違う。秋はジャンパーについてる帽子でも事足りるので(寒くないときは)、冬用の帽子を買おう!

 

 まとめ

というわけで冬の服装三種の神器は

 

1.暖かいコート

 

2.暖かいブーツ

 

3.暖かい帽子

 

でした。

なんだ当たり前じゃんって思うかもしれないが寒い地域に暮らす人はこの3つの基本を守って自分の身体を寒さから守っている。

そして、この3つを揃えているかいないかで感じる寒さは全く違う。

厳しい冬を越えるためにも服装は万全にしておこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア版きのこの山を買ってみた

最近、日本食が恋しい。

 

やっぱりこっちで生活していると食べるものはロシアの食べ物。

流石に慣れたから大丈夫なのだけれどときどき日本の食べ物が食べたくなる。

 

日本製品のスーパーあるけれど

もちろんこっちにも売っていない訳ではない。

日本のスーパーという名前で日本食品が売っている。

ただ、やはり遠くから輸入しているからなのか値段が高いのだ。全体的に日本の価格の2倍から3倍くらいはする。

だから、気軽に買える訳ではないのだ。

 

せめてお菓子でも良いから何か食べたいなーと思ってるときに

 

お!

 

f:id:skaterussia:20171123235819j:image

 

これは??

日本でもみたことのあるきのこじゃないか!

 

こっちにも似た商品があったのか。

これは、どんな味がするんだろう。

日本と同じなのか。

 

それとも違うのか。

 

気になった。

 

というわけで買って家で食べることにした。

 

こっちのきのこの山

 
f:id:skaterussia:20171124000047j:image

 

見た目は、そっくりだ。

しかもいっぱい入ってる。

 

では、食べてみる。

パク。

 

ん。

ふむふむ。

 

お!これは、、、

 

 

 

 

普通にロシアのチョコだった笑笑

 

まとめ

 

ロシアのチョコでできたきのこの山だった笑

 

こっちのバージョンもまあ美味しかった。

 

個人的にはたけのこ派なので、今後たけのこの里も出ることを期待している。笑  

 

ロシアで風邪をひいたときの薬の買い方

薬の買い方

風邪を引いた。


f:id:skaterussia:20171123002233j:image

昨日学校行ったときに咳をしている人がいたからだろう。日本にいたらイソジン買ってきてーと誰かに頼めば買ってきてかれるのだが、こっちでイソジンと言ったところで

??となるのがおちだ。

こっちで薬を買うのは初めてだったのだが無事に買えたのでその方法をシェアする。

 

友達に聞く

もしこっちに生活している人で知り合いがいたらオススメの薬を聞いてみると良いだろう。そして、メモに書くなりして記録しておくこと。

 

店を探す

ロシアの薬局の探し方は簡単だ

だって、аптека アプチェーカ (薬屋)って書いてあるのだから笑

日本だったらそれぞれの薬局に名前が書いてあるかもしれないがロシアだとシンプルに薬屋と書いてあるのでこういう時に助かる。

 

症状を言う

風邪にもいろんな種類があると思う。あなたの風邪はどこから?というCMもあるし。

今回は自分はのどが痛かったので

辞書で のどってことばを調べた

Горло ゴールラと言うらしい

で、痛みを伝えたいときの決まり文句が

У меня болит ...

(ウミニャー バリート、、、) 

というフレーズだ

あとはこの...の部分に痛い場所の名前を入れれば完成!

У меня болит горло. 

のど痛いです。

といって症状を伝えることができた。

 

こういう薬がほしいと言う

そのあとはこういう薬がほしいと言うこと。

僕はうがい薬がほしかったのでうがい薬(

Полоскание)と調べて

うがい薬を下さいということに成功した

 

購入

あとは値段を聞いて(聞き取れないときは紙に書いてもらうと良いと思う)支払うだけだ。

最近はVISAカードも使えるので(2017年11月22日現在)カードまたは現金で支払おう。

 

使用方法をあらかじめ聞いておくこと

どんな薬なのか、使用頻度などはあらかじめ聞いておいた方が良い。

というのも後で家に帰ってよし飲むかってなったときに箱を開けて出てくるのは長文のロシア語の説明書。自信がある人なら良いけどそうでない人は店員さんに聞いておいた方が無難だ。もし、店員さんが優しい人なら教えてくれるはずだ。きっと、、、

(僕の時は幸い良い店員さんだった)

 

まとめ

友達に聞く

店探す

症状を言う

薬の種類を言う

買う

使用頻度(方法)を聞く

 

という感じだ!

何か分からない単語が出てきてもすぐに調べられるように電子辞書やケータイのアプリをいれておくと便利なのでオススメする。

 

なぜロシアには美人が多いのか 俺が気づいた3つの理由

なぜロシアには美人が多いんだろう。。

f:id:skaterussia:20171122060842j:plain

 

「あれ、そういえばなんでだろう?」

と思った人も多いのでは?

実は俺もそのうちの一人だ。実際にロシアの町を歩いていても確かに美人が多い。でもなぜだろう。

 

インターネットで調べてみると主な理由としては次の二つだ。

1.金髪だから。

2.多民族国家だから。

 

1つ目はそうなのかと思ったがよくよく考えてみると、髪の毛の色で美人かどうかは決まるとは限らない。現に黒髪のきれいなロシア人もいる。

2つ目は確かにいろんな血が混ざるときれいになるというのはよく聞く。ハーフの人とかそうであろう。でも、もっと他に理由があるのではないかと思った。

そう考えているときにこっちの大学に頭の良い留学生がいるではないか!彼らと話したら興味深い結論が出るのではないかと思っていた。

そして、先日議論をした結果3つの結論(理由)が出た!

「え、どんな意見がでたの?!」という声が聞こえてきそうだ。

では、さっそく内容にいってみよう!

 

1.人は遺伝子が遠いものほど美しく感じるから

人は自分に無いものを求めがちだ。

f:id:skaterussia:20171122063643j:plain

よく聞く無いものねだりというやつだ。

そして、遺伝子に関していえば近くの遺伝子より、遠くの別の遺伝子を求めるのだという。病気にも強くなるのだとか。

そして、細胞がそれを欲しているからか容姿を見たときの人間の感情にも影響を及ぼす。

遠いもの(自分の知らない世界や人々)は美しく感じるのだ。

 

以前知人がこんな実験をした。

日本人にとってこれはきれいだなと思うロシア人(女)の写真をロシア男性に見せて「この人美人だよね?」と聞いてみたそうだ。

すると答えは

「いや、普通じゃない?」と。

今度は逆にそのロシア人(男)が日本人の女の子の写真を見せてきて

「この人すごい美人だよね?」と聞いて来た。すると、日本人の返答は

「いや、普通だよ」と。

自分にとって当たり前でないものはより貴重に思える。

ようするに遠くのものほど良く見えるとはそういうことである。

 

2.美に力があることを本能的に知っているから

もし、人からお願いをされたとき

どちらの言うことを聞きたい?

f:id:skaterussia:20171122063712j:plain

1.息をするのも忘れるくらい美しい女性

2.髪はぼさぼさですっぴん、自分の身なりを気にかけてない女性

 

もし訪ねてきたのが男性だったら

1.紳士的ででイケメンな男性

 2.服はぼろぼろで太っている男性

 

 さあ、どっち??

 

 

当然 1 に決まっている。

 「当たり前だろう」と思った人が大半だろう。

 

ではなぜいうことを聞いてしまうのか。それは人は美しいものに惹かれるという傾向があるからだ。

その結果要求をついつい受け入れてしまう。

人は綺麗なものには弱いのだ。

そして、要求が通るのならばそれは力であり一種の権力と言える。

 つまり美は力なのだ。

 

また、建築様式から見てもわかるように、一般的にヨーロッパは美に重きを置いている。そして、ロシアはその中でもさらに美的感覚が鋭い国だろう。だから、音楽・美術・建築の芸術分野のレベルが高い。そんな美の大国で育った女性達は本能的に美に力があることを知っているのではないだろうか。

 

3.寒い環境で生き残るために種社会で集団で進化したから

今西錦司という学者をご存知だろうか?

f:id:skaterussia:20171122063743j:plain

「しらんわ!」という声が聞こえてきそうだ。

(ちなみに自分はこの話し合いの中ではじめて知った)

今西錦司は、日本の生態学者、文化人類学者登山家京都大学名誉教授岐阜大学名誉教授。日本の霊長類研究の創始者として知られる。理学博士(京都帝国大学、1939年)。京都府出身

wikipediaより引用

この今西という学者が提唱した今西進化論ののなかに棲み分け理論というものがある。

 この棲み分け理論というのは

京都大学名誉教授の故今西氏による生物の進化論で、「棲み分け進化論」と言われる。これは、生物は棲み分けを可能とする方向に新たな種が発生し、もとの種と対立しながらも補いあうように共存するというもの。これにより多様な種が展開され、棲み分けが密度濃く塗り重ねられることによって生物は進化を遂げるという。 この、棲み分けをしている集団を「種社会」と呼び、種社会を構成している個体は、変わるべきときがきたら一斉に変わるとされる。

 コトバンクより引用 

https://kotobank.jp/word/%E4%BB%8A%E8%A5%BF%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96-178582

 

 この理論で一番大事なところそれは変わるべきときがきたら一斉に変わること。

この生物理論はもちろん人間にも当てはまる。人類もアフリカで誕生してからいろんな地域へと別れその環境で生活していけるよう進化してきた。地域によって変化は異なる。

光が少ないヨーロッパでは白人は太陽の光を浴びれるようにするために肌が白くなった。太陽の光が強いアフリカや赤道付近では光を抑えるために肌が黒くなった。

 

そして、ロシアのような寒い環境で生活していくためには当然それに適した進化を遂げたはずだ。しかも種社会(集団)でだ。その集団で変化した結果それがたまたま美人だとされる容姿に集団で変化を遂げたのだ。集団で変化を遂げた結果、ロシアには多くの美人が存在するようになった。つまり、寒い環境で生き残るために集団で変化を遂げたのだ。

 

まとめ

 

1.人は遺伝子が遠いものほど美しく感じるから

 

2. 美に力があることを本能的に知っているから

 

3.寒い環境で生き残るために種社会で集団で進化したから

 

という結論となった!!

 

以上の理由からロシアには美人が多いのである。

そして、ぜひロシアに来てその美しさを確かめてみてくれ。

ロシア人は君を待っている。

 

※ タイトルでは俺が気づいたと書いてますがこの三つの結論がでたのは一緒に議論してくれた彼ら二人のおかげです。いっそ彼らが気づいた3つの理由とタイトルを変えた方がいいかもしれません。とにかく一緒に考えてくれた2人に感謝!

 

 

僕はまたここから歩き始めることにした

  いろんな不安・焦り

ロシアも本格的に寒くなってきた。とともに気候も厳しくなり、僕の周りには体調を崩す人も増えてきた。僕もその中の一人だ。

 

※この記事は太陽がでなくなってから3週間目に書いた記事です。

 

 

なんか縛られていた

 

なんだろう

今回は僕が思ったことを率直に書いていこうと思うのだけれど、なにか焦っていたような気がする。なにか早くうまくならなければと

それは言語なのか、はたまたほかのことなのかは正直わからない。

ただ、なにかに不安を感じ、焦りを感じていたのは事実。

そして、最近ゆっくりと考える時間も不足気味だった。

 

でも、今日友達(北の寒い地方からから来ている留学生)と話しているときに思った。

あ、もっと自分が好きなことをやってもいいんだな。と。

そして、ホットした。

 

留学に来ているのだから言語を最優先にしてやらねばという何かそういう意図に縛られていた気がする。

もちろん、言語を学ぶ。でも、それは義務ではないし、どれだけやるのかは僕が決めることだ。

なのに、なにかやらねば、そのためにはほかのことはあきらめなければという観念にとらわれていたことに気付いた。

 

でも、彼らと話していたらなんかなんだろう。もっと話したいトピックで話していいんだと持ったし、自分の専門・またはやりたい分野を思いっきり学ぶのありだなと思った。

 

もっと柔軟になろう

そう思ったのだ。

やりたいことをやろう

 

そのための留学だ。

正直どれをやったらうまくいくかなんて頭のなかで計算してみたところで結果はわからない。やってみなければわからないだろう。

 

なら、やってみようじゃないか。

 

僕が本当にやりたいことを。

 

それがどこまでできるかは正直わからない

でも、やれる力と時間は今あるんだ

 

ならあとはまた進むだけだ。

 

僕には今新たに2つやりたいことがある。

 

それを言語やほかの用事を理由にして危うくあきらめてしまうとこだった。

 

一日考えてみたけど、そんなのつまらない。

 

正直今、再度やってみたいといったらどうなるかはわからない。

でも、言ってみよう

そしてやってみようと思う。

 

だって僕がやりたいと思ったんだからさ

 

※後で調べたらこの不調は日光を浴びてない事が原因のビタミンD不足だったようです。サプリメントを採ったら回復しました。

ロシアの丸亀製麺はいったいどんな味なのか―確かめてきた

ロシアの丸亀製麺

丸亀製麺がロシアに進出しているのはご存知だろうか??

僕の回りではロシアの丸亀は美味いというひともいれば、美味しくないという人もいる。

ならば、行ってみるか!と思い実際に食べて確かめてきた。今回はそのレポートを書く。

 

店内

店内の様子だ(柱邪魔!)
f:id:skaterussia:20171111004450j:image

店内ではクラブに流れる感じのポップが流れている。日本の店と比べるとカジュアルな雰囲気となっている。

お客さんの多くはロシア人だ。フォークもあるが、箸を使って食べてる人も普通にいる。どこで覚えたのだろう。すごいと思う。

 

 うどんの種類

色々な種類がある。

f:id:skaterussia:20171111012055j:image

現在十五種類くらいだろうか。

僕は写真の左から1番目の照り焼きうどん

を注文した。価格は260ルーブルだ。(今のレートだと520円くらい)

 

注文してみた

 

f:id:skaterussia:20171111012319j:image
お、これは!

期待して良いのでは?✨

では、さっそく食べてみることにする。

 

お味は??

うん普通に美味しい。うどんも日本のよりは柔らかめだけれどもちゃんとしたうどんだ。なかなか日本の食べ物がてに入らない日本人にとって貴重な店である。

 

また日本と同じように海老天などのトッピングもある。なぜかチキンカツとケーキもあったけど笑

 

 

まとめ

うん、普通に日本のうどんみたい(近い)

ちょっとアレンジした感じのうどん。

こっちに来て日本の味が恋しくなったら行ってみてはいかがだろうか??

 

ちなみに丸亀 ロシアと検索すればお店が出てくるはずだ。

 

ソビエト時代の有名バレリーナの家に行ってきた

有名なバレリーナ

突然だが、ガリーナ ウラノワというソビエト時代に活躍していたバレリーナをご存知だろうか??


f:id:skaterussia:20171110194245j:image

 

調べてみると
ガリーナ セルゲーブナ ウラノワ(1910年1月8日 - 1998年3月21日)は、ソヴィエト連邦時代に最高の名手と謳われたバレリーナ。彼女が住んでいたモスクワの部屋は、国立の博物館として保存され、サンクトペテルブルクとストックホルムには彼女の像が建てられている。(wikipedia より引用)

と書かれている。

有名なバレリーナだったようだ。


今回は友達とともにその彼女の家に行ってきたのでその模様をお伝えする。

 

部屋の様子

 

部屋はこんな感じだ。ちなみにこの家(マンション)は有名人しか住んでいなかったらしい。

今は国立の博物館になっているようだ。
f:id:skaterussia:20171110194412j:image

 

日本のものが

目がいい人ならパッと気づいたかも知れないが、棚の上に日本人形が飾られていた。


f:id:skaterussia:20171110195026j:image

 

なぜ、ここにあるのかと聞いてみると、彼女は日本通だったらしい。他にもこけしがあったし、冷蔵庫は日本の会社のNational を使ってた。

こんなところにも日本との繋がりがあると思うと嬉しかった。

 当時の写真

部屋には当時の貴重な写真や手紙なども展示されている。


f:id:skaterussia:20171110203925j:image

 

ロンドン公演

 

この博物館にはガイドさんがいて、部屋のようすやガリーナ ウラノワについて説明してくれる。もちろん、全部ロシア語だ笑(聞くの大変だったよ笑)

その説明のなかでガイドさんが言ってたのが、ガリーナがロンドン公演に行ったときのこと。当時の彼女はイギリスでもかなりの人気だったようで。皆ガリーナに夢中でイギリスの王室の方が現れた時に敬礼するのを国民が忘れるほど人気だったとか。(イギリス史上初らしい)

とにかく他の人が目に入らなくなるほど人気な人だったようだ。

 

ガイドさんにブログにこの博物館とバレリーナのことを記事にしたいと言うと、ぜひ書いてくれと言ってくれた。

そして、喜んで彼女の生活や日本に来てた話なども語ってくれた。

 

まとめ

家めっちゃ綺麗だった笑

ソ連のバレリーナが日本のことを好きだったのは初耳だった。

もっと日本にもそういうことが伝わったら良いのになと思った。

 

 アクセス方法

ちなみにこの博物館へのアクセスは

Таганская駅から降りて徒歩10分くらいだ。

 

Музей-квартира Г.С. Улановой

ガリーナ・ウラノワ マンション博物館

Адрес:

住所

109240, Москва, Котельническая наб., 1/15, кв. 185
(ст. м. Таганская)

最寄り駅 タガンスカヤ

 

Время работы: Понедельник, вторник, среда, четверг, воскресенье: 11.00 — 19.00
Часы работы кассы: 11.00 — 18.30

開館曜日

月、火、水、木、日

11:00-19:00まで

窓口の営業時間(チケットを買える時間)

11:00-18:30

 

興味を持った方、バレエ好きな方はぜひ行ってみて欲しい。