俺のロシア体験記

ロシア大好き天パブロガー

ロシア留学にいってきます!

ブログではまだ言ってなかったのですが、9月から約1年間のロシア留学に行ってきます!

 

 
f:id:skaterussia:20170909132244j:image

 

今までは日本からのロシアの発信でしたが、これからはロシア現地から情報発信していきます。

 

1年間いろんなことが起きるとおもいます。不安ももちろんありますが、まわりとあまり比べず、自分のペースで一歩ずつ進んでいこうと思います。

 

また、向こうでWi-Fiがゲットできるまで時間がかかると思うので、ロシアでの生活がある程度落ち着いてから、このブログを再開していこうと思うのでよろしくお願いします。

 

それまではTwitterから発信するのでよかったらフォローしてください。

これから本当の俺のロシア体験記が始まります。

それでは🖐️

学生必見!!【もえぴ主催】学生ブロガー交流会に行ってきた!!

交流会に行ってきた

2017年8月20日都内で開催された学生ブロガー交流会に行ってきた。結論から言うとちょー楽しかった♪ 今回はその交流会の参加者と内容を紹介する。

 

f:id:skaterussia:20170821054826p:plain

 

【目次】

 

学生ブロガー交流会とは

学生ブロガー交流会とはブログ 萌え萌え研究所を運営している女子大生ブロガーもえぴが結成した学生ブロガーコミュニティのオフ会である。このコミュニティでは普段オンラインで学生ブロガーの記事の投稿やイベントの告知などを行っている。そして、時々実際にブロガー同士の交流をしているのだ。

 

今回の参加者

もえぴ 主催者 萌え萌え恋愛系ブロガー 現在インスタフォロワー数6000人越え!

www.yokomoe.com

 

f:id:skaterussia:20170821053729p:plain

 

やまりょーさん 学生コミュニティマネージャー 未来開拓系ブロガー  

noguitarnolife.com

現在クラファンで学生村をつくるため活動中!

 

f:id:skaterussia:20170821053804p:plain

 

みつを 僕です ロシア系ブロガー

www.skate-russia.com

 

ともろーくん ブログ ともろぐ 音楽系ブロガー

ともろぐ

 

菅原さん 旅系ブロガー

たびやしゃ 旅×野球×写真

 

くじらさん アフリカ系ブロガー

kujira-tabi.com

 

カイさん 人生哲学系ブロガー

kaligaku.com

 

ともよしさん 大学院博士系ブロガー

www.genkiyoshi.com

 

という感じでいろんなブロガーが集まってた!!

 

活動内容

実際にやったことは

 

アイスブレイク

 

自分がブログをやる本当の目的を知るためのワーク

 

ブログのことを熱く語る会

 

質問・意見交換タイム

 

恋バナ

 

 という感じだ。

 

この上から2個目のワークでは実際に紙に書きながら自分が好きなものを書きだし、そこからその理由付け、さらにそこから普段自分が何に価値を置いているか把握することができた。普段何となく思っていることでも実際に紙に書いてみると意外な共通点などが見えてきて非常に面白かった。

 

その後の質問タイムではブログのPV数の話、アフィリエイトによる収益の話、検索順位を上げるためのSEOの話といろいろな質問があがった。

 

そして今回一番盛り上がったのは実は恋バナだった(笑)

参加者の中にはある女性のことを忘れられないと悩む学生がいて彼の話に皆聞き入っていた。聞いていると何だろう。心の中の琴線にふれるというかなんというか。ほら、あれだ。誰しもが持っているであろうあの高校生の頃の甘酸っぱい青春の1ページを思い出すというか。うん、そんな感じだ。皆彼の話を聞きながら意見交換しているうちになんか仲良くなってた。恋バナの力おそるべしである。また、もえぴ先生のアドバイスも的確だった。流石である。

 是非とも彼には彼の思いをブログにありのままたたきつけてほしいと思った。

 

とにかくブログから恋愛まで幅広く気軽に話せる場だった٩( 'ω' )و

 

交流会はこんな人におすすめ!

1.ブログ仲間が欲しい人!実際にブロガーとオフラインで交流したい人。

2.自分はこれをやりたいという情熱を持っている人 or

 何かやりたいけれど何をやれば・・・と模索している人

3.もえぴ先生に恋愛の悩みをきいてもらいたい人(男性限定)

 

この3つのうち1つでも当てはまるのならば参加した方がいいと思います!!

 

あと、今回は参加者がほとんど男性だったので、もっと女性ブロガーも参加してほしいなと思いました!

 

 まとめ

 今回はとても有意義な交流会だったなと感じた。ブログの作業って本来個人でやるものだ。一人だけだとモチベーションが下がることもある。でも実際に交流をしてみると新しい発見があったり、いろんな刺激を受けること間違いなしである。

 

今回僕が新しく学んだこととしては、ブログをどう活用していくかということだ。今まではブログのPV数を上げることだけを考えていた。どうやったら読まれるだろう。と。

 

でも、大事なのはその先のブログで自分は何をしたいのかと考えてみること。例えば、ブログで発信力をつけたいのか、収益をあげたいのか、まだあまり知られていないことを伝えるのが目的なのか、自分が得意なスキルがある人はそれを仕事につなげるためなのか。それによってブログの運営の仕方は変わってくる。そういったブログの目的を頭の隅で考えながら、まずはブログ記事をコツコツ増やしていこうと思った。やっぱりPV数もあげたいし。

 

というわけで以上ロシア系ブロガーみつをでした!!

 

p.s. 主催者のもえぴ、コミュニティマネージャーのやまりょうさん 交流会ありがとうございました。

おかげで楽しくて有意義な時間を過ごせました。(*^ω^*)

 

【夏の甲子園】仙台育英対大阪桐蔭 9回裏2アウトからの奇跡! まるでドラマのような試合だった!!

ドラマのような試合

 

8月19日第四試合仙台育英高校対大阪桐蔭高校の試合で奇跡が起きた。今回はその内容について書き記す。

f:id:skaterussia:20170819200538p:plain

 

【目次】

 

流れが変わったのは9回裏2アウトから

 

大阪桐蔭が1点リードしたまま迎えた9回裏。仙台育英の攻撃。

 

一人目、二人目とアウトとなり。これで終わりかと思われたところ、5番杉山が出塁し、6番渡部が四球を選び、ランナー1塁、2塁となる。

 

だが、その次の最後のバッター7番の若山が内野ゴロとなり、誰もが試合終了と思った瞬間奇跡が起きたのだ。

 

なんとファーストがベースを踏めずランナーがセーフになったのだ。

 

その時の間一髪でセーフとなった選手のホッとした顔が画面いっぱいに映し出された。

 

その顔が忘れられない。

 

仙台育英の攻撃

気づけば2アウト満塁

 

 球場に集まった人たちは皆もしかしたら逆転が起きるのではないかと思ったに違いない。

いや、球場にいた人だけでなく日本全国のテレビの前にいた人たちも同じことをおもっただろう。

 

そして、その場面で続くバッターの馬目がスイングした打球は高く打ちあがり、外野フェンスまで届いた。

 

見事逆転サヨナラ勝利を納めたのである。

 

皆の応援。そして、期待というのは大きな力があるんだなと思った。

試合中に監督が選手にかけた言葉

 

試合後のインタビューで仙台育英の選手の監督にインタビュアーが

 

あの9回裏では選手たちにどんな声をかけたのですか??

と聞くと

 

 

「ドラマは俺たちが作るんだ!最高の舞台じゃないか!」

 

と選手を激励して送り出したそうだ。

 

確かにあの9回裏2アウトという辛い場面であるのにもかかわらず仙台育英の選手たちには笑顔の人が多かった。

 

逆境のなかでも朗らかに笑えるものが勝利を掴むチャンスを得られるのかもしれない。

 

まとめ

よく野球は2アウトから。

 最後までわからない。というが

 

今回はまさにそれを体現したような試合だった。

 

この試合は今後野球史に刻まれることだろう。

 

明日の朝刊が楽しみである。

 

 

 

 

 

【絶品】美味しい八王子ラーメンを食べたいなら?? 名店「タンタン」に行ってきた!!

八王子ラーメンで有名な名店タンタン

今回は友人とともに八王子に行く機会があったので、八王子ラーメンで有名なタンタンに行ってきた。とてもおいしかったのでさっそく記事にしてみた。

f:id:skaterussia:20170819043207p:plain

 

【目次】

 

八王子ラーメンとは

八王子ラーメンとはその名の通り八王子を代表するラーメンの一つであり、しょうゆベースで刻んだ玉ねぎが乗っかているのが特徴である。

その八王子ラーメンの中でも人気店なのが今回紹介するタンタンなのだ!!

ラーメン通なら知っている幻の店なのだ。

 

営業時間

気をつけないといけないのが営業時間だ

なんと平日の11:00~14:30のお昼の時間しかやっていない。

しかもこの店人気なので人がよく並ぶのだ。

筆者は開店時間ちょうどにお店に着いたのだがその時にはすでに7人ぐらいの人が並んで待っていたのだ。

まさに人気店である。

アクセス JR八王子駅 南口 徒歩5分

タンタンの住所 東京都八王子市子安町1丁目30-6

 

 

 

タンタンで人気なチャーシュー麺!

おすすめを聞いてみるとチャーシュー麺とのこと。

さっそく大チャーシュー麺 800円を注文してみた!!

ちなみにメニューごとの値段はこちら

並ラーメン     500円

大ラーメン     550円

特大ラーメン    600円

半チャーシュー麺  700円

大チャーシュー麺  800円

特大チャーシュー麺 900円

 

大チャーシュー麺 いざ実食!!

 

まず、スープをごくりとひとくち飲んでみると

!?

衝撃が走りました。

すぐに

あ、これは美味いラーメンであることを確信しました (笑)

スープはしょうゆベースのすっきりとして味わい深い味でした。

 

そして細かく刻まれたたまねぎがまたらーめんにあるんですよね。

ふつうラーメンってネギが入っているのが普通だと思うんですけれど、

玉ねぎが入っているので新鮮でした。

これが八王子ラーメンなんだなと思いました。

 

なんといってもチャーシューが美味い!!

f:id:skaterussia:20170819045158p:plain

また、このチャーシューが美味いんですよね!

ちょうどいい厚さにカットされていて、塩加減もちょうどよかったです。

こんなにラーメンにフィットしているチャーシューも珍しいのでは??と思いました。

大チャーシュー麺にしてみて正解でした。

 

まとめ

 

なかなかの絶品ラーメンだった。

自分自身八王子ラーメンは初めて食べたのですが、これは美味しいと思いましたね。

とくにあのスープとチャーシューのコラボは最高でした。

また、機会があればぜひ来たいと思います。

みなさんもぜひ、来てあのチャーシュー麺を食べてください!!

きっと来てよかったなと思うと思いますよ。

これからはロシアファンのため、そして自分のためにブログを書くことにした。

 

ブログを書くのは誰のため??

 

僕は今まで日本でもっとロシアのことを知ってもらうためにブログを書いてきた。でも、最近ふと気づいたことがある。今回はその気づきについてこのブログで書こうと思う。

 

日本ではロシアのことを知る人が少ない。そんな日本のロシアリテラシーを上げるため、ロシアの魅力を知ってもらうために書いてきた。書いてきたといってもまだ、たった30記事だけど。

 

で、あるとき思ったのだ。

果たして自分が興味がない分野の記事を読もうと思うだろうか??

そしてこのブログは誰のために書いているのだろうと。。

 

【目次】

 

 

例えばロック

 興味がない分野を紹介するってどういう感じだろうか。

例をあげてみよう。僕が音楽のジャンルの一つであるロックに興味がないとする。で、そんな僕にロック好きな友達が

「ロック面白いから聞いてみろよ!」

「このロックかっこよくない?」

「このCD聞いてみて!」

と聞いたところで果たして興味をもつだろうか。。。

 

答えは恐らくNOだ。

 

どうしても自分に興味がないジャンルにはハマらないと思う。

 

でも、もし逆にロックが好きな人に紹介したら??

それはもう喜んで飛びつくと思う。

 

もちろん、好きなアーティストとか好みはあると思うが、全く興味がない人に比べたら格段に興味を抱くはずである。

 

それはロシアも同じ

f:id:skaterussia:20170818013545j:plain

それは、ロシアのブログを書くうえでも一緒だと思った。

 

ロシアに興味がない人に無理やりロシアってこんな魅力がありますよ!!

 

と伝えてみてもなかなか難しいかもしれない。

 

僕の知り合いがイスラエルにハマったみたいだが彼からイスラエルの話をされてもやはり興味は持てなかった。

 

僕が今興味があるのはロシアなのだ。

 

日本ではまだまだロシアの認知度は低い。

でも、そんな日本でもロシアファンは、ロシアを愛する同志はいるに違いない。

 

 

まずは、そんなロシア好きな方、ロシアにもともと興味を持っている方に向けた記事を書いた方がいいと思った。

日本に隠れているロシアファンを見つけるのだ。

 

そんなロシアファンに読んでもらって、あるある~

そーなんだよね(笑)

と共感してもらえるような記事を今後目指していく。

 

だから、ロシア文化に関して触れる場合はロシアを知らない人ではなくロシアを愛する人達のために書くことにする。

 

あとは、学生なのでこの本が面白かったとか、この映画が感動したなど、学生視点で感じた日常も書いていくつもりだ。

そうすれば、ロシアに興味がない読者にも伝わるし、楽しいと思うので。

 

 

そして、このブログは僕が書いているので日々の成長や思考を確認する意味でも自分のために書いていくことにする。

 

まとめ

ということでこれからは

 

・ロシア文化について書くときはロシアを愛するロシアファンのため、そして、僕が書きたい記事を書く

 

・日常生活を送るうえで学生視点で感じたこと・学んだことの発信

 

 

この2大柱でやっていこうと思う。

 

というわけでこれからもよろしくお願いします。

 

p.s

より、深みのあるロシア文化を発信するためにもロシア語の勉強にさらに取り組んでいくのでこれから少しブログの更新が減るかもしれないです。

 

しっかり語学力もつけたうえでブログを書いていきます。(/・ω・)/

 

 

もしロシアと日本の民間交流が増えたらどうなるか 男子大学生が考えてみた

民間交流

 

現在ロシア人と日本人の交流はまだまだ少ない。そもそもロシアのことを知らない人が多い。では、もし将来ロシアと日本の民間人が仲良くなって交流が増えたらどんなことが起きるのか。男子大学生が考えてみた。

 

【目次】

 

 

1.街に金髪が増える。

f:id:skaterussia:20170812214933p:plain

地球上には純粋な金髪は1.8%しかいないといわれている。なんとロシア国内では10%もいるのだ。確かに日本に来ているロシア人をみても金髪が多い。

この前電車に乗っていた時のこと。ある駅で電車が止まった時に金髪の外国人が乗ってきた。すると、向かいに座っていた日本人が3度見した。そこまで見るか!と思ったが日本人の金髪女性へのあこがれはどうやら強いらしい。

 

話を戻そう。

ロシア人に聞いてみると意外に日本に興味を持っている人は多い。だが、謎の国だと話す人もいる。なぜなら行ったことがないからだ。なかなか行けない理由としては、ビザの問題。そして、日本の物価が高いからである。だが、地方に行けば物価もそこまで高くなくなおかつ日本を満喫できる素敵な場所もあるはずだ。この2つを解決する旅行会社が増えてくればロシア人観光客は増えるのではないかと思う。

 

2.おやつ代わりにいくらが食べられる

f:id:skaterussia:20170818002645p:plain

僕は海産物が好きだ。すしだと、いくらが好きだ。。

ロシアは海産物が豊富というのはご存じだろう。日本が輸入していたカニの7割近くがロシア産だ。ついでによくすし屋で食べるイクラ。これはロシア語由来であるちなみにロシアではキャビアは黒いイクラと言っている。

実際にロシア人にいくらは普段食べるのか聞いてみた。

 

ロシアではいくらってよく食べるの?

 

うん、よく食べてるよ♪

 

マジか!羨ましい!

 
交流が盛んになればいくらが今よりも安く手に入るかもしれない

 

 3.宇宙開発がすすむ 

f:id:skaterussia:20170812215933p:plain

1、2ときていきなり宇宙?とも思うかもしれないがこっからが本題である。最近日本でも民間の宇宙開発の会社が増えてきた。先日堀江さんの宇宙ロケットの実験も話題になった。ではなぜ、宇宙とロシアが関係あるのか。それは今までロシアは宇宙開発を率先してやってきた国だからである。世界で初めて宇宙に行ったのはロシアである。世界で初めての人工衛星「スプートニク」を打ち上げたのもロシアである。アメリカとの宇宙競争が激化した時代もあった。そこからしばらく落ち着いていたが、近年また宇宙開発が進み始めている。その証拠に今年ロシアのモスクワ大学で宇宙研究学部ができた。モスクワ大学と言えばロシア最高峰の大学で優秀な学生ばかりだ。今後宇宙開発の専門家が増えていくに違いない。日本に興味のある学生もいると思うので将来ロシア人と日本人の民間での宇宙開発を目指す会社も出てくるのではないかと思われる。

 

まとめ

ということでまとめると

1.街に金髪が増える。

2.おやつ代わりにいくらが食べられる

3.宇宙開発がすすむ

このように自由に述べてきたが実際ロシア人は日本人にもっていない発想を持っている。特にクリエイティブな発想ができる人たちだ。そんなロシア人と日本人が協力したら面白い仕組みや活動ができるのではないかと僕は思っている。そのためにももっとロシアのことを知って欲しいし、僕も発信していく。  

 

 


  

これでもう迷わない。トライリンガルが教える言語習得の3つのコツ 

 

トライリンガル女子大生

 3か国語が流暢に話せる。そんなことができたらまるで夢のようだ。でも、それができる女の子がなんと大学にいた。彼女はAさん。大学4年生だ。彼女は中国から来ているのだが、日本語はもちろんのこと英語のレベルもかなり高い。だが、英語圏への留学経験はない。そんなトライリンガルな彼女に今回は言語学習のコツを聞いてみた。意識面、学習面、発音面の3つの面から紹介する。

 

【目次】

 

 

彼女の実力

 

f:id:skaterussia:20170807180136j:plain

    By Jack Wu's Photos 吳泊峻     クリエイティブ・コモンズ   表示 - 継承

   http://free-photos-ls04.gatag.net/thum01/gf01a201503091300.jpg

 

まず、彼女の言語力だがかなり高い。これだけではわからないと思うので例をいくつか紹介する。まず、彼女の話す日本語には訛りがない。特に、イントネーションが日本人と全く一緒だ。普通、外国語を話すときにはどうしても母国語のアクセントが出てしまう。他の中国人が話す日本語を聞いたことがあるがすぐに外国人ということがわかる。しかし、彼女にはそれがない。正直僕も最初あったときは日本人だと思ったくらいである。

次に英語だが、彼女は日本に来る前から得意であった。TOEICでいうと700点は優に超えていた。さらに、驚いたのが彼女はそこから一年間日本にいたのにも関わらず、TOEICの点数が900点を超えたことだ。これはコツを知っていると思って間違いないだろう。

 

しかし、いざ聞いてみると感覚の面が強いらしい。例を挙げよう。例えば野球選手には2通りの人間がいる。論理的にこの角度で振りかぶって、ボールがここまで来たらスイングをして、振り切ったら…というように説明できる人。そして、もう一人がバットはギュット振りかぶって、ボールがビュンときたら、カーンと打てばいいと、感覚、本能でプレイする人だ。彼女は後者だろう。

 

だが、詳しく聞いてみると彼女流のコツが見えてきた。それではそのコツを3つの面に分けて説明する。

 

 1.意識面 言語によって話し方を変える

f:id:skaterussia:20170808131308p:plain

まず、彼女が言っていたのは言語によって話し方、そして、雰囲気を変えるということだ。これはどういうことか例をあげよう。こんな経験はないだろうか?例えば外国人が日本語を話しているとして・・・

 

わたしはにほんごをべんきょうしています

 

 

ーシㇵニーンゴヲベンキョーシテイース

 

 

 

 

※太字はアクセントの強い部分

小文字はアクセントの弱い部分を表している

 

この二人の日本語どちらがききやすいだろうか??

一人目の人は母語のアクセントも強くなく、日本語らしいイントネーションで話せている。

二人目の人は母語のアクセントが強く、母語の訛りがひどく、母語のイントネーションのまま話している。

どちらも文法的には正しい。だが一人目の方が圧倒的に聞きやすい。

つまり一人目の方が日本語のイントネーションで日本語っぽく話せているのだ。

このぽさというのが非常に大事だ。言語によって話し方は違う。中国語には中国語の、英語には英語の、日本語には日本語の話し方、イントネーションがある。これを意識するかしないかでその後のその学んでいる言語の話し方は全く変わってくるのだ。彼女が言いたかったのはこの言語ごとに現れる言語っぽさを大事にして話すことだ。もし英語を学ぶなら英語のイントネーションで話すのを心がけること。これを意識するだけでも聞こえ方はだいぶ変わる。

 

2.学習面 心が揺さぶられるものを教材にする

 

f:id:skaterussia:20170808125627p:plain

ここでは単語編と文法編に分けて説明する。

まず、単語だが彼女に単語帳は使うかどうか聞いてみた。すると、使わないという。理由としては単語帳をつかってもすぐに忘れてしまうからだという。

では、何を使うのか。彼女曰くドラマや本がおすすめとのこと。

印象に残る、心が揺さぶられるようなものを言語学習のツールにするといいらしい。頭で記憶するのではなく、心で記憶する感じだ。確かに、高校の教科書でやった文章はすぐ忘れてしまったが、有名な映画のセリフとかはいつまでも覚えていたりする。これは、教科書は頭で記憶したのに対して、映画は心で記憶したからだ。言葉はそうした方がすぐ覚えるし忘れにくい。

 次に文法面だがそこまで細かくは意識していないらしい。大事なのはとにかく話すこと。アウトプットすること。そして、話していると自分でもどこで間違ったのか気づく。あ、この言い方はたぶん違うな・・・という具合だ。そう感じたら、文法を再確認するのである。つまり、アウトプットが先で、ミスに気づいたらインプットをして修正を図るという感じだ。日本だとついついインプット重視になってしまうが、彼女のやり方の方が効率が良い。

3.発音面 母語話者の口の形を真似る

f:id:skaterussia:20170810223958p:plain帰国子女のイラスト(男性)

 

 

最後に発音面に関してだが、きれいに発音するにはどうしたらいいのかと悩んでいる人も多いのではないだろうか。

発音がきれいになるとは簡単にいえば、母語話者と同じような口の動かし方、舌の動かし方ができるということだ。これはある通訳の人が言っていたことだが、日本語は口をあまり動かさなくても喋れる言語だとのこと。一方外国語だとそうはいかない。特に英語は口と舌を良く動かさないとうまく発音できない。RやLの発音の違いやTHなどいろいろ意識する必要がある。

ではどうやったらそのような発音ができるようになるか。それは自分が学びたい言語を話している人、つまり母語話者の口の形に注目し、ひたすら真似てみることだ。はじめのうちはわからないかもしれないがだんだん、あ、この発音はこうやって動かしているのかとわかってくる。

外国人の知り合いがいないという人はYou Tubeで学ぶのをおすすめする。発音の仕方がよくわからない!という人は検索すれば初心者用に分かりやすく発音について説明した動画があるので見てほしい。基本的な発音はわかるよーという人には海外ドラマがお勧めだ。今ではamazon primeなどドラマや映画をたくさん見られるサービスがある。こちらはネイティブが自然なスピードで話しているので、ぜひそれを見ながら真似てほしい。話している人の口を見ながらその動きを真似てみるのだ。それを繰り返しているうちに発音がきれいになってくるのである。

 

 まとめ

言語学習のコツは

1.意識面 言語によって話し方を変える

2.学習面 心が揺さぶられるものを教材にする

3.発音面 母語話者の口の形を真似る

 

である。言語ごとの特徴、雰囲気を大切にしながら、心が動く教材(自分が好きなものとかが望ましい)をえらび、母語話者の話し方のまねをするという具合だ。

とにかくまねをしてみるのが大事らしい。まねをしているうちにその言語の話し方を習得していくのである。楽しみながら一歩ずつ学ぶのがポイントだ。

 

そして、そんな彼女だが、このトライリンガルの能力を今後どう生かしていくか模索中のようだ。

トライリンガルやバイリンガルの方でこんな仕事があるよとか

こんな生かし方があるよという方がいたら、コメント欄にぜひ書いていただきたい。

よろしくお願いします。    

最後にこの記事を読んでくれた人が言語学習にさらに取り組むきっかけになってくれたら嬉しいです。

       ミーシャ