俺のロシア体験記

ロシア愛する天パブロガー

モスクワに1年間留学した俺が教えるロシアに留学するなら持ってきた方が良い持ち物・荷物

 

ロシアには何をもっていけばいいのか・・・

 

とこれからロシアに留学する人は考えているのではないでしょうか??

 

アメリカとかヨーロッパなら友達が行ってたから聞けるということもあると思いますが、ロシアにいっていた友人というのはなかなか少ないのではないでしょうか?

僕も出発前はいろいろ先輩に聞いていました。

サイトを探してもなかなかなかったので。

そういうサイトがあったら助かったことでしょう。

なので、そういう記事を作ることにしました。

 

というわけで今回はロシア留学するなら持ってきた方が良い持ち物を紹介します。

 

辞書と日本語で書かれた文法書

 

まず一つ目ですがやはり留学するなら辞書は必ず持ってきてください。

最近だとケータイなどで調べることもできますし、アプリなどもありますが例文がおかしかったりします。日本語学んでいるロシア人の使っているアプリを見せてもらった時に例文と意味の解釈がかけ離れていることを発見しました。有料でしっかりしたアプリなら良いと思いますがしっかりとした辞書を持っていくのをお勧めします。

 

ちなみに辞書は紙の辞書と電子書籍の2種類があります。

正直に申し上げるならば紙の辞書の方が良いです。そっちの方が例文も載っていて解説も詳しいからです。

 

紙の辞書でおススメなのはこちらです。

現在の露和辞典のなかで一番良いものです。

 

また、電子辞書にもメリットがあります。

1.速い

2.発音の仕方がわかる

 

電子辞書やはり調べるのが速いです。しかもロシア語の場合は格変化や動詞が人称変化していることが多いのでそれを不定形(もともとの形)に直してそこから辞書で調べる必要があります。ちなみロシア語の動詞は完了体と不完了体に分かれていますが辞書では完了体のところに意味が書かれていることが比較的多いです。なので調べた単語が初めて見るものでそれが不完了体だったとなるとそのページには→マークで完了体のページにいってね、とたらいまわしされます。(まるでロシアで行う手続き(たらいまわし)を連想させるような感じです(笑))

ですが電子辞書ならすぐにパパっと調べられるのでそうした時間のかなりの節約になります。

なので、余裕のあるひとは紙の辞書とともに(紙の方は必ずあった方が良い)電子辞書を買うのをお勧めしますよ。

僕も両方買いました。

おかげで調べるときにかなりはかどっています。

ちなみにこの辞書露英のオックスフォードも入っているので、英語からロシア語にするときなどにも役立ちそうですね。

 

次に文法書ですが、かならず1冊しっかりとした文法書を持ってきてください。言語において文法は欠かせません。ときたま外国語学習に関するサイトを見ていると文法を軽視するようなことが書かれているのを見かけます。ですが、それは間違っています。

文法をしっかり学ぶことによって自然できれいな文を作ることができます。ましてやロシア語は文法が特徴的な言語です。この留学を通して言語学習において文法の大事さを痛いほど理解しました。なので改めて文法は大事だといいます。しっかりと学びましょう。

ちなみにおススメの文法書はこちらです。

日本語でかなり詳しく説明されているのでこれを持っていれば困ったときに助かると思います。

 

クレジットカード及びドル

 

やはり留学するならお金関係は非常に大事です。

クレジットカードはしっかり持っていきましょう。

海外キャッシング設定を日本でやっておけばロシアからでもお金を引き出せるので便利です。ちなみにロシアではクレジットはVISA、マスターカードが主流です。

 

そして、最初は何かと現金が必要だと思います。(ずっと必要ですが)空港である程度変えるのはいいですがやはりレートが悪いです。なので、こっちに来てから銀行で両替するのをお勧めします。あらかじめドルにしておくとスムーズに交換できます。

日本円を取り扱っている銀行は少ないですが例えばVTB(ヴェーテェーベー)銀行だと取り扱っているとのこと。

お金関係はしっかり準備してから行きましょう。

 

変圧器と電源プラグ

 

さて、次に変圧器です。パソコンやスマホを使う人が多いと思います。なので変圧器はしっかり持っていきましょう。

 

 

ただ、機種によってはもともと海外対応の充電器になっていることもあるのでそれはアダプタをみて確認してください。

 

次に電源プラグですがロシアはCタイプです。さきっちょが丸い感じのやつです。二つほど買っとくと何かと便利だと思います。 また、本体がCタイプの変圧器をもっていくのもありです。

 

 

衣服 少し多めに 特にヒートテックと半そで!

 

次に衣服です。まずここでロシアの物価についてですが日本に比べると少し安いです。首都のモスクワで安いので地方ならもっと安いかと。ただ、一つ気をつけないといけないことがあります。それは、洋服だけは日本より高いことです。これは驚きました。こっちにもユニクロはあるのですが日本のユニクロの倍くらいの値段がします。ジーンズ一つ2990ルーブル(約6000円)。他のお店の服も高いので相場がそれくらいなのでしょう。なので洋服は日本で買っていくことをお勧めします。ユニクロも日本のお店で買っておきましょう。

 

ちなみにヒートッテックを買っておくことをお勧めします。

これを着てるか来てないかで寒さの度合いが違ってきます。

ちなみに僕はこちらでマイナス20度を経験しました。なんか寒い通り越して別世界にきたような感覚になりましたよ(笑)

 

ちなみに夏はロシア暑いです。

夏は30度くらいまで行きます。なので半そでを持って行った方が良いです。また、北海道の方ならわかるのではないかと思うのですがロシアは寒いの地域の国なので建物の暖房設備がしっかりしています。なので、冬でも部屋の中はポカポカです。半そでで過ごせます。なので半そでを持っていくことをお勧めします。

 

ちなみに寒い季節時のコートについてですが、コートだけはロシアで買ってください。

日本のコートではロシアの冬将軍に太刀打ちできません。あの、フランス皇帝ナポレオンでさえ苦しめた寒さですからね。コートだけはロシアで厚手のものを買ってください。1万円くらいあればいいのが買えると思います。

 

 

折りたたみ傘 夏のみ

 

次に折り畳み傘です。ロシアではあまり傘をさす人は多くないように見受けられます。なので、傘を売っているのはあまりみかけないです。コンビニもないですし。

ただ、基本冬場のみ半年間留学する人は傘はいらないかと。

だって全部雪に変わるから(笑)

 

なので、冬場はいらないと思いますが、留学で夏をまたぐ人は持っていた方が良いと思います。

 

娯楽本 マンガ・小説など

 

長い留学期間中本当にいろんなことが起きます。

楽しいことからつらいことまでさまざまです。特に最初の手続きは大変だと思います。たらいまわしが多いので。強気の態度で臨みましょう。

また、ロシア語は他の言語に比べて難解な言語だといわれます。ときたま簡単だという人がいますが彼らはどんな理屈で簡単だと結論づけているのか謎です。

一般の人ならばその言語の難しさに勉強つらーい!!と打ちのめされることがあるでしょう。僕もそうでした。

さて、そんなときに娯楽本・マンガなどリフレッシュできるものがあると気分転換ができてに気持ちも楽になると思います。日本語の本とかはこちらに売っていないので。日本から自分が好きな作品のマンガや本(小説などもいいでしょう)を持っていくことをおススメします。

 

 

ビタミンDのサプリメント

 

さて、これは秋から冬にかけての話ですが、おそらく多くの人が病みます。病むというと大げさかもしれませんが、なんかあー・・となります。

原因は日光不足による体内のビタミンD不足です。本来太陽の光は生物の健康を保つという効果があります。ですがロシアでは(これは他のヨーロッパでもあるようですが)11月の終わりから1月にかけて太陽が現れなくなります。イメージとしては部屋をずっと暗くしたまま生活しているような感じです。なかなかつらいものがあります。ですがそれを防いでくれるのがビタミンD のサプリメントです。太陽が出ないため体内でビタミンDが生成できなくなった結果体調が悪くなるのでそれをサプリメントで補えばいいのです。そうすると少し良くなってきます。

なので持っていくことをお勧めします。

 

 

あと、モスクワからはヨーロッパが近いので太陽の出る国に旅行にいくのも良い手段です。自分はハンガリーに行きました。

 

 

やるき

これ一番大事な持ち物ではないでしょうか?

ロシアに留学するぞ!行ってこれをやるぞ!というやる気。そのやる気を生み出すために留学中の目的と目標を決めておくといいでしょう。 

ただ、目的は人によって違うのでなんでもいいと思います。僕の周りでもロシアの劇を見に来たという人がいればサッカーしに来た(ワールドカップもあるし)。他にもロシア語学ぶため。いろいろいました。自分が納得いくものが良いと思います。

自分の場合はロシア語の向上とリアルなロシアをブログを通して発信すること。そして、ロシア人のメンタリティーを理解することが目的だったんだなと今振り返って思います。

しっかり考えましょう!!

 

まとめ

ロシア留学するなら持ってきた方が良い持ち物

 

辞書と文法書

クレジットカードとドル

変圧器とプラグ

洋服 ヒートッックと半そで

折り畳み傘

娯楽本 マンガ・小説

ビタミンDのサプリメント

やるき

 

でした!

しっかり準備すればよりよい留学生活になりますよ!

 

ドフトエフスキーの小説 『罪と罰』を読んでいるとペテルブルクを訪れたくなるのは僕だけだろうか?

 

 

ロシア文学の最高峰、罪と罰はドフトエフスキーによって書かれました。舞台はサンクトペテルブルク。主人公は法学を学んでいる学生ラスコーリニコフ。彼には憎い老婆がいました。そして、彼はある計画を企てるのです。

 

子どものころ読んだ(全部ではない)

実は子供のころ(小学生だったなー)一度読もうと挑戦しました。でもあの頃はまだ、12歳だったので正直かなり難しかったです。主人公の企てのところまではいったので半分くらいは読んだと思います。そのご結局読んでいなかったのですがこの留学中そうだ!まだよんでないじゃん!と気づいたので今読んでいます。ちょうど今ラスコーリニコフがラズーミヒンのところに仕事を頼みに行ったところです。(まだまだ最初の方ですね)。でもこの作品をよんでいるとなんでしょう。当時のロシア人の情景が浮かぶとともに今のロシア人にも通じるようなところが見えてきて面白いなと思いました。ロシア人の心情をうまく描いている。

また、今ではなんでこんなにいろんな呼び名があるのかわかりました。

 

ロシア人の呼び名

軽く解説するとロシア人には名前、父称、名字の3つがあります。

そして、一番丁寧な言い方は名前と父称(父親の名前をもとにしてつくられる称)で呼ぶことです。例えば

イヴァン・ペトローヴィッチ・ゴドゥノフ

(名前・父称・名字の順です)

というのがフルネームだとするとイヴァン・ペトローヴィッチいうのが一番丁寧です。

ちなみに欧米風にイヴァン・ゴドゥノフとロシア語で呼びかけると失礼に当たります。でも、よく名簿とかにはこの名前と名字でのってます。(ほんとややこしいですね。なら、名前と父称でのせればいいのに!)

 

親しい関係で使われる愛称系

あと、ちなみに友達や親友などの親しい場合名前を愛称系で呼びます。

日本語だとあだなといったところでしょうか。

 

例えば、エカチェリーナという名前なら

愛称系はカチューシャ

 

ナターリアだったら

ナスチャとかですね。

 

でこれ知らない人は読んでいるときに

あれ、エカチェリーナはどこいった?!とか

あれ、あれなんでこのシーン他のひとがふえているの??

 

と混乱することもしばしば。

同一人物なのでその辺は注意しましょう。

ある程度愛称系の種類を知っておくと読みやすくなると思います。

 

舞台はペテルブルク

さて、話はそれましたが舞台はペテルブルクです。小説を読んでいると主人公はいろんなところを歩きます。(さすがロシア人)ですが、ペテルブルクに行っていないので想像するしかありません。ああ、こういう川が流れていてその橋を渡ったんだな。と。

ですが、やはり、実際に聖地をみてみたい!というのが人間のもつ好奇心というものでしょう!

というわけで今度行こうかと考えています。

 

ちょうど今のペテルは気温も穏やかでいいとのこと。ちなみに今白夜です。ちなみにモスクワも夜9時くらいまではかなり明るいです。

 

これはいくしかないですね

 

まとめ

 

罪と罰を読んでいたら小説の舞台ペテルブルクに行きたくなった!

小説の舞台。やはり訪れてみたいというのが人間ではないでしょうか。

みなさんもぜひ、自分が好きな作品の舞台訪れてみてくださいね。

 

自分が関心のある国を深く理解するためには語学と歴史と文学に触れるべし

 

 あなたが関心のある国はどこですか??

イタリア、フランス、ドイツ、ロシア、アメリカ、イギリス、中国、韓国など人によって興味のある国は違うと思います。

では、その自分が興味がある国を深く理解するにはどうしたらいいのでしょうか?

それは関心のある国の語学と歴史と文学に触れること。

ではなぜその3つが重要なのかこの記事を通して書き記します。

 

 

語学

僕の好きな言葉がある。

 

If you talk to a man in a language he understands,that goes to his head.If you talk to him in his own language, that goes to his heart.

-Nelson Mandela 

 

相手がわかる言葉で話せばその言葉は相手の頭に届く。

相手の母国語で話せばその言葉は相手の心に届く。

-ネルソン・マンデラ

 

これは南アフリカ大統領だったネルソン・マンデラさんの言葉だが本当に核心をついた言葉だと思う。わかる言葉で話されれば頭で理解することはできる。しかし、母国で話しかけられればその言葉は心に届く。それほど相手の母語で話すというのは大きな力を持つのだ。頭に届くのかそれとも心まで届くのかその差は大きい。

 

たしかに海外で生活しているときもthank you!や中国語の謝謝!(同じ東アジア人だから通じると思っているのか)と言われるより日本語のありがとうと一言言われた方が心にぐっとくる。やはり相手のことを深く理解し親交を深めるのならば相手の母国語の学習は欠かせない。

 

加えて、言語は思考するときに欠かせない要素である。なので言語によって考え方や思想まで変わってくる。そして、その国特有の概念などもある。それらを理解するには言語を学ぶのが効果的である。

 

 

歴史

歴史とはその国の流れを追ったストーリーである。歴史をみればその国において何が重要視され、どんな経過をもって今に至るのか理解する手助けになる。例え国の体制が変わってもその国に住む人々が持っている気質というのはそう簡単に変わるものではない。それを理解するには歴史が重要だ。

日本でいえばルーツは江戸時代の265年間にあるように思われる。日本文化の源はあの時代に形成されたことだろう。その後開国し、文明開化の流れの中で日本は西欧の文化・思想・技術を取り入れていった。それによって、考え方だけでなく、たべものや着るものまで変化した。洋服をきるようになったのもその時代からだろう。その流れはいまだに続いているように感じる。ニュースなどを見ていても欧米のニュースとりわけアメリカの思想が色濃い。ちなみに戦前はドイツの影響が強かったようだ。小学校では英語教育が始まり、大学ではいまどんどんアクティブラーニングと題してアメリカ式の教育が執り行われていく。たしかに、アクティブラーニングなどは自分から積極的にアウトプットしていくので知識の定着も高まるので良い試みだと思う。だが、はたして、今まで椅子に座って先生の話を聞いて学ぶというスタイルでやってきた学校時代のスタイルからすぐに適応できるか疑問である。理想は日本人に一番適応できるスタイルの模索だと思う。そのスタイルを模索するには日本のルーツを知ること。つまり江戸時代を研究することだと思う。それにあの時代は世界でも珍しいほどの高い識字率だった。多くの日本人が読み書きや計算などができた。それは日本にも昔から優れた教育システムがあったことを現している。そしてそのシステムはその識字率の高さという結果から成功している。とすると、そこから分析していって日本人の気質に合った要素を見いだし、日本人に適した教育システムを創るのが望ましいのではなかろうか。

 

言語の歴史にも少し触れる。開国後の日本にはたくさんの西欧の言葉と概念が入ってきた。当時の人はそれら一つ一つを漢字に直し、日本語で考えられるようにして取り入れた、例えば当時入ってきたものはpylosophy,society,humanなどいろんなものだ。それらを哲学、社会、人間ということばに直したことによって日本語として吸収し今の学問の発達につながったのだと思う。なので、日本の外国語教育で文章を翻訳するのが多いのもその名残なのではないかと思う。あの時代は外国語を話せるよりも海外のもつ概念や思想をどう日本語に取り組むかというのが大事だった。

いまは、もうカタカナでそのまま取り組む流れだ。そのほうがてっとり早いかもしれないがはたして、それで理解できるのかなと思う。時々カタカナばかりを使って話す人を見かけるが言っていることは理解し辛い。やはり、明治時代の人がやってた外国概念の日本語変換は素晴らしいと思う。そういう流れがあったのも歴史を通して学ぶことができる。

 

文学

その国の人々の心情を鮮やかに描き出されているのが文学だ。そこに住む人々がどういった行動規範をもって行動し、どんな価値観をもち何を思うのか。文学はそれを教えてくれる。事実普段の生活では相手が本当はどう思っているのかを正確に理解するのはそう簡単なことではない。

だが、文学ではその心情を物語を通して教えてくれる。相手を理解する手助けになる。なので文学に触れるのは非常に大事である。ちなみにこれに気付いたのは留学を通してである。というのもこちらでの生活に慣れてからロシア文学を読むとなぜ、この場面でその人物はこのように語っているのかなどがよくわかる。今まではなぜ、登場人物の呼び名がたびたび変わったり、よく!マークが使われたり(例1:なんということだろう!例2:あなたが来るなんて!、例3:これは素晴らしいことだだろう!など)これはロシア人がよく使うエモーショナルな表現だ。なので、それを理解したうえで文学を読むと実際のロシア人の様子が目に浮かんでくるようである。ということは文学は人々の生活様式を如実に言葉にして表していることがわかる。それがやっと腑に落ちたのである。

というわけで文学は特におススメしたい。それに幸いなことに我々日本人なら日本語を読むことができる。日本語なら今まで多くの翻訳家たちが著名な外国文学を翻訳してくれた。外国では自分の国の言語に訳されていないという本もあるかもしれないが日本語には訳されている。特に文学は。なので、ぜひ、読んでみることをおススメする。

 

まとめ

というわけで

自分が関心のある国を深く理解するためには

語学と歴史と文学に触れるべし

でした。

この3つは重要であり、加えて相互に関連しあっていると思う。文学に出てくる言い回しは語学で知ることができるし、歴史の出来事に関する背景は文学で詳しく描かれている。このような相互作用は面白い。ぜひ、自分が興味のある分野から触れてみてほしい。

 

 

 

 

 

【ロシア観光】 モスクワ川クルーズから眺める綺麗な景色とチケットの購入方法(買い方)

 

実はこの記事書くかどうかかなり迷いました。

というのもこのモスクワクルーズの記事を書いたらきっと

 

みんな来ちゃうだろうなーと。

僕だって人の子です。

人が少ない静かなクルーズを楽しみたいですよ。

 

ですが、このブログの目的はロシアの魅力を現地から発信すること。

そして、読者の方にロシアに対する偏ったネガティブなイメージから

ポジティブなイメージをつけてもらうこと。

 

みんながまだまだ知らないロシアの魅力がある。

それを伝えたいというのがこのブログを書いている目的であり、よき理解者が増えれば日露におけるさまざまな可能性が広がっていく。

 

そのためには、、

書くしかないでしょう!!

 

はい、というわけで前置きが長くなりましたが今回は綺麗な夜景が見られるモスクワ川クルーズとチケットの購入方法について紹介します!!

 


f:id:skaterussia:20180521053641j:image

 

 

モスクワ川クルーズとは??

 

まず、モスクワ川クルーズとはその名の通り、モスクワ川を船にのってクルージングすることなのですが、それが思っていたよりとても良かったのです。

ちなみに今回乗った船の中はこんな感じ。

 


f:id:skaterussia:20180521053702j:image

 

綺麗な船内ですよね。

 

そして、夜景はこんな感じ。

 
f:id:skaterussia:20180521054348j:image

 

ほんと綺麗。モスクワの中心部を一望できます。

 

さて、そんなクルージング。

一体いくらするのか?と疑問の方もいることでしょう。

 

日本でクルージングしたことあるよーってかたはかなりすくないのではないですか?

東京とかだったらきっと高いことでしょう。

モスクワ川のクルージング。

きっとこれはお金を多く手にしたものだけが許される遊びだと思ってました。

・・・3日前までは。

 

さて、その値段何と、

1300ルーブル。(2600円)ディナー付き。

さらに言えば、ディナー抜きでクルージングのみなら

550ルーブル。(1100円)

 

なんという破格の値段でしょう。これは乗るしかないのではないでしょうか??

 

他にも船の種類によっていろんな値段があります。

 

チケットの購入方法

 

さて、チケットを買う方法ですが2つあります。

1.船乗り場のカッサ(窓口)で買う。

2.ネットで買う。

 

さて、この2つの方法ですが買うなら断然2をお勧めします。

というのも先ほど述べたチケットの価格はこのネット購入したときの値段だからです。3割から4割引き。これはネットで買う方が良いでしょう。ただ、買うときは現地ルーブルで払う必要があるので、ロシアの銀行カードで支払う必要があります。なので、ロシアの銀行カードを持っている方はそのカードで支払ってください。

ちなみにサイトはこちらです。

http://rivertickets.ru/

 

さて、銀行カードないよーという方は現地のカッサで買ってください。その際割引などはありません。価格は僕の友達が乗ったものですとディナー無しで850ルーブル(1700円)は超えていたとのこと。それでもクルーズに乗れるチケットとしてはかなり安い方だと思うのでぜひ、買ってください。

 

船の乗り場

さて、船の乗り場ですが船の種類にもよりますが主なものとしては雀が丘(ヴァロビヨービーゴーリ)とキエフスカヤです。そちらに行けば船とカッサがあるのでそちらに行きましょう。船はもちろん川沿いにあります。

 

地図貼っときますね!!

 

雀が丘

 

キエフスカヤ

ぜひ、素敵なクルージングを!!

 

素敵な時間をお過ごしください。

ちなみにクルージング時間は船によりますが大体2時間から3時間あたりが目安です。なのでこの日はゆっくりできるなという日にぜひ乗ってみてくださいね。

 

以上モスクワ川クルージングとチケットの購入方法でした!!

 

 

 

 

ロシア語のイントネーションは7つある

 

言語において発音とイントネーションは非常に重要です。自分は褒めているつもりでも間違ったイントネーションを使えば、相手を不快にさせてしまうこともあります。

なので、発音とイントネーションは正しく身につけたいところです。

 

さて、自分は今モスクワの大学でロシア語を学んでいるわけですが、発音の授業で先生からロシア語はイントネーションが7つありますよと教えてもらった。7つのイントネーション、それだけあるということは表現の幅が広がるということです。なんという豊かな言語なのでしょうか!ロシア語は!

さて、実際7つあるということを知っている人はある程度いるかもしれません。ですが、実際にそれぞれどんなイントネーションで、どんな時に使うのかきちんと把握できている人は意外に少ないのではないでしょうか。自分もモスクワに来た当初は知らなかったので、この記事を通して共有したいと思います。また、余談ですが日本のテキストではこのように発音するようにと書いてあるのに対し、ロシア現地で授業を受けたら実際は違っていた。。ということもあったのでそれも含めてこの記事に書こうと思います。

 

 

ロシア語ではイントネーションのことをそれぞれ7つのタイプに分けそれをイカと言います。海を泳いでいるイカとは違うので区別しましょう。

ロシア語ではイカはИК とかきます。

イカ1、イカ2、、、イカ7まであります。

 

それでは早速行きましょう!

 

ИК-1 イカ1 平叙文

イカ1は平叙文です。

 Она купила хлеб.

文章のなかで自分が強調したい単語(文章中で核となる単語 疑問文の答えに対応する単語など)からイントネーションが下がっていきます。

日本語でもそうですが同じ音の高さのまま最後まで発音するとまるでロボットが話しているように聞こえてしまうので最後はしっかり音を下げましょう。

強調したいところから下げましょう。

 

ИК-2 イカ2 疑問詞による疑問文と強調

 

Что она купила?

イカ2は疑問詞を使った疑問文で使われる文です。最初の疑問詞のところで強めに発音します。特に音を上げる必要はないです。

また、強調したい単語にイカ2は使えます。

強調したいところで強く言いましょう。

 

ИК-3 イカ3 疑問詞を使わない疑問文

 

Вы читали книгу?

Ты не закроешь дверь?

疑問詞を伴わない疑問文はこのイカを使います。用法としては自分がききたい部分でイントネーションを上げればいいです。ある意味一番わかりやすいイカと言えるのではないでしょうか。

例えば1行目のВы читали книгу?(あなたは本を読みましたか?)

だったら読んだのかどうか知りたかったら読んだ(читали )という単語を上げればいいし、

読んだのがあなたなのかどうか知りたかったらあなた(Вы)を上げればいいし

読んだのが本なのかなんなのか知りたかったら本(книгу)のところを上げればいいという感じです。

 

また、軽い依頼のときにも使えます。

例えば、窓開けてもらえますか?

などや聞き取れず聞き返す時などにも使えます。

 

ИК-4 イカ4 付加疑問及び必要事項

 

-Вчера Анна приходила дома.

-А Наташа?

イカ4は付加疑問です。追加で質問したいときに使います。

例えば、昨日はアンナが家に来た。

ナターシャは?

という感じです。

発音のポイントとしては(これはこっちの授業で初めて教えてもらったことですが)

一度イントネーションを下げます。そして、もう一度いんとねーしょんを高めます。

少しくぼみをつくるイメージですね。

 

また、このイカ4は必要事項を聞くとき例えば、係の人が

パスポートは?

お名前は?

住所は?

番号は?

と聞くときに使います。

 

あとは昨日帰ってこなかったけど何してたの??

と詳しく理由を求めるときとかにも使います。その意味ではイカ3よりも深く探りたいときに使えそうです。

 

ИК-5 イカ5 感嘆文

 

Какая чудесная погода!

Какая красивая женщина!

なんて良い天気だ!

なって綺麗な人だ!

と感嘆するときに使うのがこのイカです。

感嘆と書きましたが正確には評価です。何かを評価したいときに使います。

ロシア人もよく使うので学習者も聞いたことがあることでしょう。

比較的まねしやすいイントネーションです。

 

―実は今習っているのはイカ5までです。なのでイカ6と7については習い次第追加で書いていくことにします。ー

とりあえず軽く触れておきますね。

 

ИК-6 イカ6 日常生活における評価

 

Какая книга!

なんて本なの。

この映画はなんてつまらない

 

イントネーションはなんか力が抜けた感じのイントネーションですね。

 

ИК-7 イカ7 拒絶したような表現

 

Какая она красавица!

彼女は美人ですこと。

なんて仕事なんでしょ。

 

イントネーションは明らかに不満のあるような感じですね。

 

さて、これらはどのような時に使うのでしょうか??

詳しくは授業で習い次第書いていくのでお楽しみに!!

 

まとめ

 

7つのイントネーションイカ7はすごかった。

こんなにイントネーションがある言語は珍しいですね。

奥の深い言語であることを再認識しました。

きちんとこのイントネーションを使いこなせるようにしていきたいですね!

 

ロシア・モスクワのアルバート通りのストリートミュージシャン

 

アルバート通り。この通りはロシアで有名な通りで僕も好きな通りなのですがよくその近くでストリートミュージシャンが演奏してるんです。

今回はそのようすをちらっとご紹介します。

 

 

なんか、激しい音楽が聞こえるなと思ったら


f:id:skaterussia:20180515051151j:image

 

演奏していました。

 

おかげで盛り上がってました。

 

ストリートミュージシャンってなんか良いですよね。

ロシアの床屋で髪切ってきた

 

この長い留学生活で流石に髪が伸びた。

 

普通ならある程度延びてきたら髪切りに行くんだけど、ロシアではまだ行ってなかった。

 

というのもロシアで髪切ると日本の野球少年のような髪になるか、横はツーブロでセンターに髪が残るという感じの二択になると聞いたからだ。

 

それに正直不安だったw

 

 

でも、まあ試しに切ってみるか~と気持ちも決まったので行ってみることにした。今回はロシアの床屋に行ってみたという話です。

 

 

 

 

 

ロシアの友達にどこの床屋(または美容院)がいいかなー?と聞いたら

 

どこでも大丈夫よー。と笑

 

例えば?

と聞いて教えてもらったのが

 

Chop chop というお店。

 


f:id:skaterussia:20180515050412j:image

 

というわけでさっそく行ってきた。


f:id:skaterussia:20180515050040j:image

 

切ってくれるのはオレグさん。

なんか、プロレスとかやってるんじゃない?ってくらい筋肉ある人だった笑

 

でもめっちゃ優しかった。

 

さて、席に座りました。

 

すると、さて、どんな髪型にする??と言われた。

 

最初はロシア人の友達がおまかせでもいいと思うよーといってたからそうしようかなと考えたが、周りの客の髪型をふとみたら

野球少年やないか~

 

これおまかせにしたら確実に野球少年になってしまうので、あらかじめ調べておいたいロシア人の人のいい感じの髪型を見せると

 

オッケ~!

といって始まった。

 

ドライヤーで乾かす順番とか、髪洗うときに着けるやつが日本と違ったりとかそーゆーのはあったけどちゃんとやってくれた。

 

40分後

 

ほら!できたぞ!

どうだい??

 

という感じでできた髪型がこちら。

 
f:id:skaterussia:20180515050003j:image

 

まあ、野球坊主になるおもいしたら思ったよりは良いかなという感じでした。

 

 

まとめ

ロシアで髪切るときはあらかじめどんな髪型にするか決めて写真を見せよう!

 

そうすれば、そんなにひどいことにならないと思いますよ

 

たぶん笑